「大きな体がぐっと近づいてきて、いきなり手が出てきた。一瞬何が起こったかわかりませんでした」

こう恐怖の体験を語るのは、都内・墨田区に住む会社員Aさん。11月12日、午前10時頃、元大関の小錦(47)とトラブルになり、警察に被害届を出したというのだ。

Aさんの証言を元に当日の様子を再現してみよう。その日、家にいたAさんは、窓から外を眺めると、ゴールデンレトリバーを連れた小錦夫妻がやってきた。

「小錦さんの犬が、私の家の敷地内にフンをしたんです。そのまま立ち去ろうとしたので、片付けるように注意しました」(Aさん)

ところが、小錦は「自分の犬のフンではない」と主張。そこで再度注意するAさんの胸元に張り手が飛び出してきたというのだ。思わぬ事態に驚くAさんの横で、小錦の奥さんがフンを片付け始めた。だが、なぜか小錦は再度、手を出してきたという。

「小錦さんは、私が注意するときに、奥さんに触っただろうといって、また叩いてきた。これ以上は危険だと思い警察に電話したんです。でも、警察が来る前に2人はいなくなってしまった。その後の現場検証で、警察は現場に残っていた犬のフンももっていきましたよ」

Aさんとのトラブルには、どんな事情があったのか。小錦の所属事務所は次のように説明する。

「小錦と奥さんの両者に話を聞きましたが、『2人とも犬がフンをしたことに気づかなかった。注意されて片付けようとしたが、注意をしてきた住人の方が奥さんのことを小突いた。だから、小錦が胸ぐらをつかんだ』という経緯のようです。被害届が出されていたというのは初めて知りました」

愛妻家の小錦が腹を立てた気持ちもわかるが、少々やりすぎだったか。

※週刊ポスト2011年12月9日号