オーバー60歳以上の世代にとって、「出会いの場」は減る一方だが、最近の傾向として、ネット上では、俗に「既婚者オフ」と呼ばれるサークルが増えている。これは、ネット上で既婚者男女を募って、定期的に食事会や飲み会、イベントなどを開き、交流を深めようというもの。

こうした既婚者オフに何度か参加したことがあるという62歳男性が語る。

「既婚者オフには50代や60代が中心のところがあるんです。飲み会に参加すると、お互いの夫婦関係の愚痴や悩みを言い合って、非常に盛り上がって楽しい。費用も飲み代の実費ぐらいしかかかりませんからね。そこで知り合った52歳の奥さんと、少しだけ不倫していた時期がありました。彼女は子供の教育のことで悩んでいたんで、真剣に聞いていたら、彼女のほうから、『今度、2人で飲みに行きましょう』といわれて……。女性側もそうしたことを期待している人が少なくないと思いますよ」

ネット上で「既婚者限定」などのキーワードを入れると、こうしたサークルの案内がいくつもでてくる。よいサークルを探すコツとして、前出の男性は以下を教えてくれた。

【1】素人サークルをうたいながら入会金を取るところは、業者が運営しているケースがあるので注意。
【2】飲み代が実費程度のところにすること。
【3】サークルの日記を見れば、事前に男女比や雰囲気を調べることができる。

ネット上には、悪質な業者のサイトも無数にある。60代利用者が語る。

「以前、サクラばかりのサイトにひっかかったことがある。ひっきりなしにメールが届き、会いましょうとなると必ずドタキャン。早く気づいたので被害は3万〜4万円ですみましたが」

国民生活センターによると、60代以上の“出会い系サイト”に関する相談件数は、2009年643件、2010年979件と年々増えているという。同センターには〈ある時、「1200万円あげる」というメールが目に留まった。信じ込んでやり取りしているうちに、サイト利用のポイント代として200万円を支払ってしまった〉(80歳代 男性)などの声が寄せられる。

※週刊ポスト2011年12月2日号