ハイレグを初披露したいとうりな
2006年にデビューし、昨年まで5年間、レースクイーンをやっていた“いとうりな”。今年、サーキットで見かけないと思ったら、なんと「全日本ラリー選手権」に参戦しているという。これまでレースクイーンからレーサーに転向した女の子は少なからずいたが、ラリーというのは聞いたことが無い。一体、どんな切っ掛けだったのだろうか?本人を直撃してみた。

――レースに興味を持った最初の切っ掛けは何だったんですか?

いとうりな(以下、いとう):カートですね。「女子カート部」という、レースクイーンやモデルをやっている女の子たちだけが集まっているチームから声を掛けて貰って、一緒に走り始めたのがレースに興味を持った切っ掛けです。

――でも、ラリーには程遠いですよね。

いとう:はい。最初は4輪の車でサーキットを走りたいと思って、ライセンスを取りに行きました。それで昨年の夏、「ツインリンクもてぎ」で開催された「7時間耐久レース」に出たんですね。そしたら次は何かシリーズものに出たいなと思い始め、私にレースを教えてくれていた方に相談したら「じゃあ、ラリーがいいんじゃない?」って勧められ、「全日本ラリー選手権」に出ることになりました。

――なるほど。実際に参戦してみてどうでしたか?

車の運転の勉強にはなると思いましたね。山の中でタイヤ交換とかもしてるんですよ。サーキットを走るイメージとはだいぶ違うんですが意外と楽しいです(笑)。

――成績はどうだったんですか?

いとう:6戦出て、最初はリタイアしたんですが、その後は全て完走できました。その中でも、一番距離の長い北海道のレースでは、6位に入賞することができたんですよ。

――そんな、いとうさんから見たラリーの醍醐味って何でしょう?

いとう:山の上から落ちるか落ちないかのスリルですね。まだ、実際に落ちたことは無いんですが、この前、練習走行中にゆっくりと車が倒れて行って・・・グシャって(笑)。練習だったから良かったんですが、本番のレースだったらまず車を起こすことができないので、リタイヤってとこでしたね。

――ところでレースクイーンは引退した訳じゃないんですよね?

いとう:はい。できればレースクイーンも、サーキットのレースも、ラリーも全部やりたいんですが、日程が被るんですよね。レースクイーンはスポットでも良いからやりたいです。大型バイクの免許も取ったので、私のデビューの場でもある「鈴鹿8耐」なんか良いですね。


ベビーフェイスだが実は男勝りのいとうりな。レースクイーンは今年一年お休みすることになったが、グラビアサイト「Y mode」で貴重なハイレグ姿を披露。カートやラリーで鍛えたプロポーションは必見だ!


■いとうりな
・誕生日/1986/10/24
・サイズ/T160 B86 W58 H84
・血液型/A型
・出身地/神奈川県
・魅力点/目・おでこ・筋肉
・愛称/りなっち
・趣味/カート・ダイビング・プラモデル
・特技/車の運転・犬の毛を剃ること

(文・写真/矢沢隆則)

セクシー美女大集合!レースクイーン写真ギャラリー

■関連サイト
いとうりな-公式ブログ
Y mode-グラビアサイト