0001

写真拡大 (全26枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

〜ダーリンハニー吉川コラム「1番ショートが夢だった」その14〜

先日静岡県・浜松でロケがあった。

早朝からのロケだったので、前日に浜松に入ることになった。いわゆる「前乗り」というやつである。

前乗りは楽しい。到着さえしておけばあとは自由行動。僕は自由行動が大好きだ。たいてい街を散歩して夕飯を食べてゆっくりするだけだが、独特の浮遊感みたいなものがなんともたまらない。

でも今回は様子が違った。スタッフの方から「いいホテルを取っておきましたよ。鉄道模型をいくつか持ってくると楽しいと思います。うふふ」と謎の留守電が入っていたのだ。僕は要領を得ないまま、模型を何両かバッグに入れて浜松に向かった。


新幹線からの富士山


都会的な浜松の街


ホテルセンチュリーイン浜松

その日の仕事を終えて、浜松には17時ごろ着いた。

さっそくロビーへ向かうと、女性の受付の方がいて丁寧にご挨拶をしてくれた。

「吉川様ですね。お待ちしておりました。浜松の夜をどうぞご堪能ください」

夜?ご堪能?自分の中に地方独特のいけない感情が滲み出てくる。
ただ、模型…。

「さっそくお部屋をご案内します」と言われ付いていくと普通の部屋だった。
標準的で清潔なビジネスホテルである。

「さ、荷物を置いて、こちらへどうぞ。模型もお忘れなく…」

長い廊下を歩く。
僕はどこへ連れて行かれるのか…。

ひとまず女性のあとをついていくと…



じゃーん

なんとホテルの中に鉄道模型ルームが完備されている!

しかも目の前には…


どじゃーん

大きな窓から東海道新幹線と在来線が見渡せるのである。

模型で遊べて、実際の車両も至近距離で見える!

もうパラダイスだ。
いっそのこと「パラダイス・トレインホテル・浜松」と改名した方がいいのではないか。

「なにか車両を借りられますか?」と受付の方が聞いてくれた。
なんとこのホテルは車両のレンタルもしているらしい。

「静岡なので373系はありますか?」
「もちろんです」


レンタル・トレイン

詳しいお話を聞くと、この部屋は『FPルーム』といい、Fは元素記号Fe(鉄)のF、PはPersonのP、つまり「鉄人の部屋」ということらしい。「徹子の部屋」は聞いたことがあるが、鉄人の部屋とはなんともすごい。

FPルームは1時間500円で利用できて(貸し切りの場合は1時間2000円)、宿泊者は平日・祝日は3時間無料だそうである。模型で遊ぶもよし、写真を撮るもよし。あらためてパラダイスだ。

「今日は予約が入っていないので、朝まで自由に使ってください。お代はいただいておりますので」

え!いいんですか!?



がしがし


ジオラマも本格的


転車台


デパート


歌謡ショー

これは伊達なジオラマではない。「ホテルにジオラマあったらお客さん来るんじゃない?」レベルの代物ではない。本物だ。絶対に誰か好きな人がいるのだ。それもホテル長クラスの人だ。でなければこんなことはできない。

知らぬ間に到着して3時間が経っていた。
気づいたらご飯どころか水も飲んでいなかった。


この側線の数たるや


持ってきた模型を並べる


もっと持ってこればよかったと大後悔

ちなみのこれらの車両は僕の友人(ナベさん)が改造してくれたものだ。
横浜線の205系は僕が30歳になるときに頂いたもので、ちゃんとクハ205-30を再現している。これは山手線からの転属車で客室ドアが小窓で行先表示機にLEDが…長くなるのでやめておきます。


吉川


ここにもヨシカワ

横浜線で「吉川」も架空鉄としてグッとくるものがある。

兎にも角にもヨシカワ号も嬉しそうだ。


今度は車窓

!!!

気付いた。

ここは東海道新幹線が通る場所。

=ドクターイエローが通るではないか!!


ドクターイエロー

ドクターイエローは架線の状態や線路の歪みを検査する車両で、『新幹線のお医者さん』と呼ばれている。文字通り黄色い新幹線で、ダイヤに載ることはない。「願い事をすると叶う」とか、「見ると幸せになれる」という都市伝説まである。僕は一度だけすれ違ったことがあるが、その時は「もう一度ドクターイエローが見れますように」とお願いをした。

ここで張っていたらドクターイエローに会えるかもしれない。


ひたすら張る


なかなか来ない

「なかなか来ない」ではない。来ること自体レアなのだ。走るのはだいたい月に3回程度と言われている。ものすごく調べていけばだいたいの目星は付くだろうが、ドクターイエローは偶然会うのがいい。偶然じゃないと驚きもない。


模型を走らせつつ


張る

「張っていては偶然と呼べないのでは?」という内なる声を制しつつひたすら待つ。夜はとっくに更けた。

「前乗りってもっとゆっくりするものでは?」
「ドクターイエローって昼間走ることの方が多くない?」
「奥さんに電話しなくていいの?」

など内なる声がうるさい。
現実路線を走ろうとする自分と、理想路線を行きたい自分が分岐しようとしていた。

いよいよ走る電車も少なくなってきた。



ピントも合わない

現実路線に負けるのは悔しいが、僕は少しだけ寝ることにした。




4時に起きた。
すぐFPルームへと向かう。

6時過ぎにはホテルを出なければいけない。
2時間の間、ドクターイエローを待つ。


待つ


ドクターイエローは来なかった


帰りたくない




結局ドクターイエローは見れなかった。
もしかしたら寝ている間に走ってしまったかもしれない。

でもそれでよかったと思う。こんなにいいホテルに泊まれてさんざん遊んで、挙句ドクターイエローまで見れてしまったら出来過ぎである。

ロケでスタッフの方に話しかけられた。

「昨日はゆっくりできました?」
「できるわけないじゃないですか」
続きを読む

この記事の元ブログ: 浜松でドクターイエローを待つ


最新の人気記事はコチラ
モンスターハンター3Gでの新しいモンハン持ちを考える
平清盛が率いる野球チームを考える
サラリーマンの為の「スト2」に学ぶアポイントメントの取り方
コーヒーショップで慌てない為のサイズ早見表
演歌タイトル早見表
もしも城が賃貸物件だったら
英語で喋りたくナイト