コミックマーケットのサークル情報や会場の配置図をTwitterと連携させたネットサービスが「twitcmap」です。サービスはTINAMIが提供しており、サークル情報とともにTINAMIに投稿した絵が見られたり、サークル別にTwitterでどう言及されているかを見ることができます。

twitcmap - コミケ情報をみんなで共有!
http://twitcmap.jp/

会場となるホールを上から見下ろした配置図に、サークル情報が入れられています。


アップにすると、情報入力済のサークルについてはサークルカットが表示されています。


さらに、サークルカットをクリックすると、そのサークルの詳細情報が表示されます。サークルの人がTINAMIアカウントを持っていれば、TINAMIに投稿した作品が見られます。また、DLsite.comとの連携機能もあるので、ここからサークルがDLsite.comに登録している作品を見ることもできます。


こちらがマップの凡例。なにがしかの色が付いていればサークル情報が登録されているということです。


実際に現地で自分がいる場所の近くにどういったサークルがあるのか、左下の「近郊サークル情報」で把握可能。これは3日目の東5ホールの場合です。


また、自分が行きたいサークルがどこにあるのか探す場合は検索ボックスを使用すると、3日分のデータを横断検索してくれます。


ブース番号がわかっている場合は、そちらから場所を探すこともできます。たとえば、出展日が1日目で、ブース番号がA-01aは……


「リオグランデ」というサークルである、ということがわかります。


マップを引きにしてみました。場所は東3ホールの隅っこというわけです。


Twitterアカウントにログインしている場合、これらのサークル情報をPDFでダウンロード可能です。サイトにて使い方も紹介されているので、活用してみて下さい。

twitcmap - PDFのダウンロード


・関連記事
コミケに始発組よりも早く到着できる有明直行バスが登場、全国9都市から - GIGAZINE

レディガガもいれば岸田メルも、「コミケ80」に集ったオトコたちのコスプレ - GIGAZINE

タイバニから安西監督まで、自由奔放な「コミケ80」のメンズコスプレ - GIGAZINE

魅惑のポーズを決めまくるハイレベルな女子コスプレイヤーin「コミケ80」 - GIGAZINE

怒濤の枚数で魅せる、「コミケ80」を全身で楽しんでいたコスプレ女子たち - GIGAZINE


記事全文へ