10月末に初フライトしたボーイング787。米・ボーイング社が開発したこの次世代中型ジェット旅客機を使うと、今までは大型ジェット機でしか飛べなかった距離でも、直行することができるようになりました。他にも、「大型化された窓」「高くなった天井」「加湿器を搭載」など、進化した同機には見どころが満載です。

 飛行機だけでなく、鉄道の進化にも目を見張るものがあります。「移動」という意味では、私たちは非常に便利な時代を生きているといえるでしょう。書籍『survival ism』では、世界の鉄道総延長距離は、約120kmにもなり、地球を30周できる長さだと紹介しています。また、世界の自動車年間販売台数は、新車だけで6500万台を超え、保有数では10億台に迫るようです。


 少し信じがたいことですが、人類がはじめて空を飛んでから、まだ100年程しか経っていないのです。

 ライト兄弟が、小高い丘から飛び出したのは、1903年の12月17日午前10時35分でした。わずか12秒間、36mの飛行でしたが、それは、人類がはじめて翼を手に入れた瞬間でした。

 それから、108年......。いま、地球の空には多い時で5000機もの飛行機が飛んでいるといいます。1万kmの距離も、わずか10時間で移動することができます。私たちは、ライト兄弟が憧れた鳥よりも、いつしか速く、また、遠くまで飛べるようになったのです。


 年末年始の旅行や帰省では、気持ちが慌ただしくなりがちです。そういう時にこそ、人類の技術の進化や、心を踊る未来に思いを馳せてみてはいかがでしょう。



『人類がはじめて空を飛んでから108年、空には5000機の飛行機が飛ぶ時代に』
 著者:
 出版社:ダイヤモンド社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『電子書籍を使った読書会に作家の角田光代さんが登場−ソニーReaderで『転校生の会』を読むイベント』(2011年11月22日15:02)
『女子会を恋活・婚活に変える必須アイテムとは?』(2011年11月22日09:00)
『本好きの児玉清さんも強く支持した坪田譲治文学賞の続編』(2011年11月21日10:00)


■配信元
WEB本の雑誌