第15回木材活用コンクール
 
木の良さを活かした作品を広く募集
「第15回木材活用コンクール」


古来より日本の身近な存在である「木」の特質を理解し、暮らしの中で様々な用途に利用し共に暮らしてきました。
木と深く関わりながら木を利用する知恵を学び技術を後世に伝えてきました。日本の文化はまさしく「木の文化」であるといえます。現代社会においても、「木材」は豊かな暮らしや社会の実現に貢献しています。木材は作り手が様々な用途、空間に応じた創造性を発揮し活用することで、使い手の感性に働きかけ、使い手の素敵と感じる「豊かな暮らし」を可能とする素材です。

今回で15回目を迎える「木材活用コンクール」では、5つの部門において「木の良さ」を活かした作品を広く募集。優れた作品を審査、顕彰することを通じて、木材の新しい用途の普及や木材利用の拡大に貢献し、豊かな暮らしや社会の実現に寄与することを目的とします。
 
 
 木材活用コンクール過去最優秀賞、受賞作品
 

第15回 木材活用コンクール

募集部門 : 第1部門  木造及び混構造建築物(構造物)
       第2部門  木質空間(内装、外装等の木質化)
       第3部門  一般住宅
       第4部門  ランドスケープ・インスタレーション
       第5部門  プロダクツ(家具、インテリア用品、建材、木製品)
応募条件: (第1部門〜第4部門)設置地域は国内とし、平成21年から平成23年末までに完成したもの。
      (第5部門)平成23年末までにユーザーが購入または利用できるもの。
 賞  :  [最優秀賞] 1点
      [優秀賞] 4点
      その他に部門賞数点、特別賞など約20点予定
   
応募期間:2012年1月31日(火)必着
参加方法、詳細 : http://www.mokusei.net/mkc/index.html