今日が人生最後の一日だったら、何をしますか?

写真拡大

 かの、故スティーブ・ジョブズ氏が17歳のときに出会い、スタンフォード大卒業式のスピーチでも発したこの言葉を知らない人は少ないでしょう。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」

 あなたはこの質問に、どう向き合いますか?
 『今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?』(経済界/刊)の著者である中村将人さんは、かつて5回ほど死を近くに感じる経験があったそうです。そして、ビル爆発事故や交通事故など「最後の1日」になっていたかも知れないそれらの事故は、中村さんに「人生を後悔しないためのポイント」を教えてくれたといいます。

 では、中村さんが理解したという「後悔しないためのポイント」とはどのようなものでしょうか。本書の中で、中村さんは以下の5つを挙げています。

(1)人はいつ死んでもおかしくないと覚えておく
(2)自分には必ず何らかの「生きている理由」があると考える
(3)本当の自分、あるべき自分について、とにかく考え続ける
(4)生涯を通じて「自分の役割」を探し続ける
(5)自分の「心の声」を聞いたなら、すぐに行動に移す


 中村さんがこの5つのポイントを理解したきっかけがあるそうです。
 あるときまで、中村さんはこれまで遭遇した5度の事故は全て偶然だと思っていました。しかし、とある学校の先生と話しているとき、そのようなひどい事故に5回も遭遇したことがある人は他に聞いたことがないと言われます。そして、「生と死を、ほんの少しの差で5回もすり抜けて生きて来ている。だからあなた、よっぽど生きている間に何かをやるべきことがあるのよ」と指摘されるのです。
 生きている間に自分が「やるべきこと」とは一体なんだろう。中村さんはそう考え始めます。それから後悔しないための人生をどう見つけていくいか、その思索がはじまるのです。

 本書では「やりたいこと」の正体、自分を変化させるための方法、やりがいを手に入れた人たちの実例などを提示しながら、後悔しない生き方、働き方を探ります。

 その中で、中村さんは読者に「自分が死ぬ日の朝に、このような連絡をしてくれるサービスがあったとしたら、あなたはこのサービスに一体いくら払いますか? そして、それがわかったら、『最後の1日』に何をして過ごしますか?」と問いかけます。
 もし、あなただったらどのように答えますか?
(新刊JP編集部)



【関連記事】 元記事はこちら
「生産性」が高い人の共通点
“経営の神様”が怒り、軽蔑した経営者とは?
成功する人が“前向き過ぎる”理由
スターバックス低迷の原因