「忍者風に全身を覆うあったか下着」をレビュー

写真拡大

「「忍者風に全身を覆うあったか下着」をレビュー」の写真・リンク付きの記事はこちら

メリノウール[メリノ種の羊から取れる、最高級とされる羊毛]は、異なる状況に応じてその特性を調整することができるため、アウトドアの理想的なベースレイヤー(アンダーウェア)とされている。外部の気温が低いときには身体を暖め、高いときには空気を通し、汗をかいているときには、汗を逃す効果もある。体臭を消す効果さえもある。

豪I/O Bio Merino社米Airblaster社はそれぞれ、100%メリノウールでできた上下つなぎのベースレイヤーを用意しており、スノーボード、スキー、登山、城への潜入といった寒中での活動に対し、暖かさを提供している。

両方とも、フルレングスのワンピース・スーツだ。腰紐が付いていて、フードがタイトに頭を覆い、手の甲まで覆うデザインであり、全身を暖かく包む。最高のパフォーマンスを誇る素材でできた忍者スーツなのだ。素晴らしい。

われわれは、まずAirblaster社の『Merino Ninja Suit』(180ドル)を、カリフォルニア州北部にあるシャスタ山で試してみた。標高4,317mの火山だ。その後、I/O Bio社の『Contact Pilot Suit』(200ドル)を、コロラド州ロッキー・マウンテンでの1週間の滞在で試してみた。

シャスタ山では、高山での温度の変動にぴったりだった。ベースレイヤーとして装着していた筆者の友人は、シェル・ジャケットとズボンの下に、さらなる断熱用としてほかにレイヤーを着る必要はないと感じた[原文記事掲載は10月末]。寒いときには暖かくしてくれたし、山を登るときには過熱状態にならなかった。

ロッキー・マウンテンでは、夜間の気温が零度以下に下がったが、Contact Pilot Suitは、身体を温めるのに大きな効果を発揮した。頭部にぴったりフィットするフードと、親指を通す穴が付いた袖口は、ベースレイヤー内の空気を暖かく保ってくれた。また、1週間着ても悪臭は生じなかった。ただし、1週間酷使したことで、縫い目は少しゆるんできたため、丈夫さについては疑問が生じた。



読者はおそらく、「こういうスーツを着ているとき、トイレはどうするんだろう」と思っていることだろう。よく聞いてくれた。この問題に、両者はそれぞれ異なった方法で対応している。両者は基本的に同じデザインだが、大きな違いはここなのだ。

I/O Bio社のPilot Suitには、腰の前面(ベルトのバックルがある辺り)から両脚の間を通って背面の腰部分まで、U字型に走るジッパーが付いている。Airblaster社のNinja Suitのほうは、前部にジッパーがあって男性の通常の放尿スタイルに対応できるようになっているほか、腰周りを右から左に通るジッパーが付いている。

繰り返し検証を行った結果、利便性においてはPilot Suitがわずかに優位に立っていると思った。Ninja Suitの、腰周りのジッパーで臀部を出すタイプよりも、U字型に走るジッパーの方が、はるかに簡単に、危険を回避できるのだ。排便したモノがベースレイヤーに付いてしまうという、小さいかもしれないが非常に恐ろしい可能性を防ぐという点で、Pilot Suitのほうが優れている。

しかし、Pilot Suitのジッパーに伴う危険要素は、その利便性をほぼ打ち消してしまう。雪の高地で排便が終わった場合や、あるいは夜中に夢うつつの状態でトイレに行ったときでさえ、思いかけず『メリーに首ったけ』[1999年のコメディ映画。大事な部分がズボンのファスナーに挟まれる場面がある]の再現となる可能性が大いにあるのだ(女性用も同じ仕組みになっているが、女性ではその問題は生じにくいだろう)。

Airblaster社のNinja Suitの前面ジッパーと、背面を開くタイプの腰周りジッパーでは、流血の危険がほぼ除去されている。筆者としてはこちらを勝者として宣言したい。

TEXT BY Billy Brown
TRANSLATION BY ガリレオ -向井朋子



【関連記事】
世界最薄、富士通の最新スマートフォン
クモ型ロボットとヘビ型ロボットの対決!(動画)
名作に登場した「催涙スプレー警官」:ギャラリー
Facebookで「狭くなった」世界を実証
丸められる水筒