(Photo by PRPhotos (C)TokyoGets)

写真拡大

マイケル・ジャクソンの元専属医、コンラッド・マーレー被告に対し、過失致死罪で最高禁錮4年の刑が言い渡された。

マーレー被告は不眠治療という理由で、マイケルに強力な麻酔薬であるプロポフォールを投与していたことが明らかになったが、マーレー被告は無罪を主張。マイケルの死が果たして医師の過失なのか、それとも薬物依存症だったマイケルが自ら致死量を投与していたのかが争点となっていた。しかし、マーレー被告がマイケルの寝室を離れてガールフレンドと電話をするなど、医師としての任務を怠っていたことで、有罪宣告が下された。量刑の言い渡しは11月29日に決定されるが、カリフォルニア州では過失致死罪は重罪とみなされないほか、現在刑務所が混雑しているため、マーレー被告が実際に服役する期間は3〜4カ月だろうと推測されているという。

また、マイケルの遺産管理人は、マイケルが亡くなったベッドなどを含め、急死時に所有していた私物を競売にかけることを明らかにしている。