<ミドル級/5分3R>
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)
Def.2R4分49秒 by TKO
カン・リー(米国)

逸る気持ちを抑えられないようなヴァンダレイに、サイドキックを放つカン・リー。距離をつめて、左右のパンチを見せたカン・リーにヴァンダレイもパンチを返す。フックを振り回し、前に出るヴァンダレイに、思わず後退したカン・リーは距離を取り直し、スピニングバックフィストを放つ。

後回し蹴りを放つカン・リーに対し、ヴァンダレイは左へ下がる。意外にも前に出るのはカン・リーで、二度目のスピンニングバックフィストが、ヴァンダレイを捉え、動きが止まり、一瞬ヒザをつく。回し蹴りで追撃するカン・リーにヴァンダレイがパンチを返すと、距離を取り直したカン・リーは、サイドキック、スピニングバックキックでボディを攻める。

右ミドルを受けたヴァンダレイは、下がりながら右フックを見せるが、これは空を切る。後ろ回し蹴りで距離が詰まると、フックを見せたヴァンダレイに対し、カン・リーはサイドキックを多用する。

右ミドルを3連打、右ハイを放ったヴァンダレイが前に出る。右目尻をカットしたカン・リーに、ラッシュを掛けたヴァンダレイが左右のフックをヒットさせる。立ち技MMA異文化交流は、互角の打ち合いを見せ、初回が終わった。

2R、前に出るヴァンダレイ。しかし、カン・リーのフックにバランスを崩す。サイドキックをボディに入れたカン・リーに、ヴァンダレイは右ミドルを見せるが、両者の右が相打ちとなり、ヴァンダレイの動きが止まる。

踵落としを見せたカン・リーに、ヴァンダレイは右ローを返す。カン・リーは左ボディ、後ろ回し蹴りを見せ、さらにボディにスピニングバックキックを見舞う。左右のフックを放つヴァンダレイ。サイドキックで突き放すカン・リー。残り2分、ともに左ローを蹴り、カン・リーが前に出るとヴァンダレイが左フック、前に出て左アッパーを見せる。呼吸を整える両者、ともにスピードが落ちる。

すると、ヴァンダレイはラッシュを掛け、ハイキックから右フックでダウンを奪うと、組みついてきたカン・リーにヒザを連続で蹴り上げる。エルボーの連打から、再びヒザを蹴り上げたヴァンダレイ。カン・リーの体が前方に伸びて、腹這いになるとパウンドの連打。レフェリーが試合を止めると、ヴァンダレイが、2010年2月のマイケル・ビスピン戦以来、1年9か月ぶりの勝利をTKOで手にした。
UFC139全試合レポートはコチラ