<バンタム級/5分3R>
ユライア・フェイバー(米国)
Def.2R1分27秒 by ギロチンチョーク
ブライアン・ボーウルズ(米国)

左ジャブを伸ばし、前に出るユライアに、強烈な右を打つ機会をうかがうボーウルズ。ユライアの右と、ボーウルズの左が交錯する。ユライアのローに、右フックを合わせようとしたボーウルズだが、これは空を切った。

距離が近づきフックを連打したユライアに、距離を取ったボーウルズが左を伸ばす。やや大振りの右を見せたボーウルズに、ユライアも右を打ちこんでから、アッパーも見せる。ボーウルズは左ミドルを放つが、ユライアはボディフック一閃。続くフックの連打、右ボディで攻勢にたったユライアは、左ハイを見せる。さらに左フックを見せたユライアは、右クロスを打ち込んだ。

膝を見せたボーウルズに組みついたユライア。再び距離を通ると、ダブルレッグで豪快にテイクダウンを奪う。ハイガードのボーウルズをスラムしたユライアは、左のパウンド、右のエルボーを見せるが、クラッチを放すとボーウルズがケージを使って立ち上がろうとする。しっかり、コントロールし、トップを維持したユライアは、終了間際に振りの大きなパウンドを見せてラウンドを締めた。

2R、やや遠い距離から踏み込む両者。すると、ユライアの右アッパーがヒット、動きが止まったボーウルズにユライアはヒザ蹴りを蹴り込む。ダウン状態のボーウルズにパウンドを連打し、組みついてくるとギロチン。さらにボディにヒザを入れ、狙い澄ましたエルボーを叩きつけると、再びギロチンを仕掛けて後方へ一回転。マウントを奪ったところで、ボーウルズが観念したかのようにタップした。

勝ったユライアは、「ボーウルズはタフ、精神も強いと思っていた。自分のパンチの威力を試したかった」と語り、再度、UFC世界バンタム級王者=ドミニク・クルーズへの挑戦権を手にした。