マークスタイラーの新セレクト「The Dayz tokyo」プロデューサーは大塚良子

写真拡大

 マークスタイラーから新セレクトショップ「The Dayz tokyo(ザ デイズ トウキョウ)」がデビューした。プロデューサーは、芸能界からファッションの世界に転身し、セレクトショップのバイヤーなどを経験した大塚良子。メインターゲットは30代女性でオリジナルと国内外ブランド、ヴィンテージ商品を扱い、ECサイトを皮切りに2012年春夏シーズンより展開をスタートする。

マークスタイラーの新セレクト「The Dayz tokyo」の画像をもっと見る

 「The Dayz tokyo」のコンセプトは、モード・ヴィンテージ・ロックをキーワードに自由な感性で時代を超えたハイセンスなMIXスタイルを提案するセレクトショップ。プロデューサーの大塚良子は「60〜70年代のローリング・ストーンズなどロックスターの彼女達のスタイルを現代的にデザインした。キュートでスパイシー、どこかオーラのある女性らしいMIXスタイルを提案していきたい」とし、「ambivalent」をキーワードに明るく洗練された女性らしさと退廃的な危うさを持ち合わせた女性像を表現する。ウェアの50%がオリジナル、残りの50%は国内外のブランドと、NY・LA・パリから買い付けたヴィンテージウェアで構成。デビューシーズンの2012年春夏コレクションは「Brightly day by day」をテーマに、出会いから光を見出していく女性の日々揺れ動く感情を、カラーとデザインで表現する。

 マークスタイラーは、「MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」や「MURUA(ムルーア)」、「EMODA(エモダ)」など、主に20代女性をメインターゲットとしたウィメンズブランドを展開する一方、東京・青山にハイファッションセレクトショップ「valveat 81(ヴァルヴィート エイティワン)」を運営している。10月28日には「ルミネ有楽町」に同社の人気ブランドを集めたショップ「choosy chu(チュージーチュー)」をオープン。新セレクトショップ「The Dayz tokyo」は11月22日に公式サイトをプレオープンし、2012年2月を目処にオンライン販売を開始、その後ショップのオープンを計画している。