蜷川実花・宏子、コラボ作品展で母と娘の共演

写真拡大

 写真家・蜷川実花と母である蜷川宏子による作品展「蜷川実花・宏子 二人展 写真とパッチワーク・キルト、母と娘のコラボレーション」が、ラフォーレミュージアム原宿で2012年2月8日から2月19日まで開催される。金沢、大阪に続いて東京展が実現。今後も全国各地で巡回する予定になっている。

蜷川実花・宏子、母と娘の共演の画像をもっと見る

 「蜷川実花・宏子 二人展 写真とパッチワーク・キルト、母と娘のコラボレーション」では、蜷川実花による写真作品と蜷川宏子が手掛けたパッチワーク・キルト作品が融合した"蜷川ワールド"を展開。艶やかな満開の花々を極彩色で表現するなど、華やかで絢爛豪華な世界観の作品で知られている蜷川実花の色彩感覚が、母親・蜷川宏子から受け継がれたDNAであるということを発見することができる。

 写真家・蜷川実花は、ファッション、広告、映像など、ジャンルをクロスオーバーさせて活動している。国内外で数々の受賞歴があり、映画「さくらん」では監督を務めている。個展「蜷川実花展ー地上の花、天井の色ー」は、東京、岩手、鹿児島、兵庫、高知の美術館を巡回。東京のオペラシティアートギャラリー、鹿児島の霧島アートの森では最多動員記録を更新し、合計約18万人を動員。2010年には、アートブックなどで世界的に知られている出版社Rizzoli New York(リッツォーリ ニューヨーク)から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版し、欧米を中心に話題を集めている。また、蜷川宏子は、「幸せな気持ち」をひと針ずつ丁寧に縫い進め、チャーミングでアイデアに満ちた作品を創出するパッチワーク・キルト作家。蜷川実花の母親であり、演出家・蜷川幸雄の妻として知られている。

■蜷川実花・蜷川宏子 二人展 写真とパッチワーク・キルト、母と娘のコラボレーション
会期 2012年2月8日(水)~2月19日(日) 午前11時~午後8時 ※会期中無休
会場 ラフォーレミュージアム原宿 東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階
入場料 一般600円/学生400円 ※ラフォーレカード会員は入場無料
お問合せ先 TEL.03-3475-0411 (ラフォーレ原宿)
http://www.lapnet.jp/event/event_l120208/