お金が貯まらない人の財布 7つの特徴

写真拡大

 普段、財布をどのように使っていますか?
 お金やカードなどを入れる大事な財布ですが、単にお金を入れておくものだけではなく、お金の出入りがリアルで分かるという意味ではとても重要です。

 『誕生日占い』などで知られるはづき虹映さんは著書『幸せな成功者が教えてくれた 長財布のヒミツ』(永岡書店/刊)で、その財布の使い方を少しでも気をつけることで、お金が貯まるといいます。では、逆にどんな使い方をしてしまうと、お金が逃げていってしまうのでしょうか。
 ここでは本書の中から「お金に嫌われる不幸財布、7つのパターン」をご紹介します。

【1】お金とお金以外のゴミが、一緒くたに詰め込まれている「ゴミ屋敷財布」
 必要のないレシートや期限切れのポイントカード、さらには何に使うのかわからないようなゴミまで、必要のないものが一緒くたに入っているのがこの財布です。財布は「お金の家・玄関」。そんな家、誰も入りたくないですよね。それがゴチャゴチャしているということは、経済状態もゴチャゴチャになりがちです。

【2】ポイントカードなどを溜め込みすぎて、膨れている「肥満財布」
 ポイントカードはどうしても溜まりがちですが、だんだんと財布が肥満化してしまいます。はづきさんはこの「肥満財布」はお金の流れをせき止めようとして、自分から貧しくなる方向に向かっているようなものと指摘します。

【3】外見重視で、キンキン・ギラギラ、ジャラジャラの「オレ様財布」
 「財布はお金の家・玄関」ということを考えたとき、外見がキンキラということは、家の玄関がケバケバしい状態になっているということです。外側だけを飾り立てて、経済状態に対する不安や心配を隠しているとしたら、まずはお金が入ってきやすい状況を作ることが大切ではないでしょうか。

【4】一体何年使っているの?と突っ込まれそうな「くたびれ財布」
 「いいものを長く使う」という考え方は大切ですが、はづきさんは、財布に限ってはこの習慣はおすすめできないといいます。「お金の家・玄関」である財布が長く使い続けてボロボロになってしまっていると、お金に対する運気はなかなか上向かないそうです。

【5】とにかくいつも中身が少なく、ピーピー言ってる「ビンボー財布」
 その日使うお金しか財布に入れないという人もいるかも知れませんが、はづきさんは「財布の中に入れておく金額は、財布自体の値段を下回ってはいけません」と言います。言うなれば、外観はお金をかけて見栄をはっているのに、中身の家具は安いままという状態。外側の自分と内側の自分の差をつけないようにしましょう。

【6】どこかのオマケでもらったような、いかにも安ものの「チープ財布」
 外側は豪華で中身はチープもよくありませんが、逆も然りです。「チープすぎる財布」もお金が逃げていってしまいます。本当はお金を持っているのに、自分の経済状態にふさわしくない「チープ財布」を使い続けると、その財布の状態にふさわしい経済状態になってしまうと、はづきさんは忠告します。

【7】財布は持たないとカッコつけているつもりの「ポケット財布」
 財布を持っていない人のお金は言うなれば「住所不定」。「家」である財布がないと、自分のお金の状態をキチンと把握できず、結局お金に窮してしまいかねません。

 本書では、「どうして成功者は長財布を使っているのか」を軸に、財布とお金の関係、そしてお金に対する意識の高め方について説明されています。
 財布もお金も無下に扱ってしまうと、金運はどんどん下がってしまうとはづきさんはいいます。確かに財布は「お金の家」と考えることができますから、その「家」を、今までより少し、大切に使ってみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)



【関連記事】 元記事はこちら
貯金したいなら絶対やってはいけないこと
お金を貯めることができない人に見られる“悪い習慣”
高年収のビジネスパーソンに5つの共通点
貯蓄に必要な4つの習慣