一部ではデビュー当時の若槻千夏にそっくりと言われる新鍋理沙(21歳)や、美白美人の岩坂名奈(21歳)らニューヒロインの誕生に沸く女子バレー界。しかし、なんといっても外せない注目株といえば、全日本の押しも押されもせぬ女王、木村沙織(25歳)だ。

184cmの長身からスラリと伸びた美脚に、グラビアアイドル級のふくよかなバストと、圧倒的なスタイルで人気を博す木村。11月にはフォト・エッセイ『Saori』を上梓するなど、その活躍はコートの外にまで広げている。

埼玉県八潮市出身の木村は中学時代から頭角を現し、下北沢成徳高時にはアテネ五輪に出場。「スーパー女子高生」として注目を集め、卒業後入団したV・プレミアリーグの東レアローズでは、2009/10シーズンに女子史上初となる3連覇を達成。自身も初のMVPを獲得した。
 
これまで大きなケガもなく全日本を引っ張ってきた木村の原動力となっているのが、早逝した親友・横山友美佳の存在だ。

かつて木村とともに日本の将来を背負って立つ逸材として注目されていた横山は、横紋筋肉腫という難病のため、2008年4月に21歳の若さで亡くなった。親友であり戦友でもあった大切な存在との別れを乗り越えた木村は、コート上の誰よりも熱く戦い、決して諦めない不屈の闘志でチームを勝利に導いている。

幾多の困難を乗り越えていく中で培った精神力とずば抜けた運動能力、そして天性の美貌。今週末の20日には、TBS『情熱大陸』にも登場する予定で、エースの素顔と知られざる苦悩がかいま見られる必見の内容と言えそうだ。

■女子バレー注目選手関連ニュース&フォト
木村沙織フォトギャラリー
まさに才色兼備、187cmの“美白の壁”岩坂名奈
若槻千夏に激似!? 女子バレーのニューヒロイン新鍋理沙
あどけない笑顔の23歳・迫田さおり