愛し合って結婚した相手でも、年を取ると厄介者になってしまうのだろうか? 韓国人女性の約7割が、平均寿命が延びることによる夫との関係悪化を憂慮していることが明らかになった。

韓国保険社会研究院と社会統合委員会は共同で国民調査『低出産・高齢化社会の葛藤』を実施し、16日に調査結果を発表した。それによると、「平均寿命が延びると、女性が男性の面倒を見なければならない期間が増え、老夫婦間の葛藤が発生すると思うか」との質問に、女性の71.9%が「同意する」と答えた。男性は66.4%だった。

「同意する」と答えた年齢層は、20~30代が71.3%と最も高く、中高年(40~65歳)は70.1%、高齢者層(65歳以上)は60.7%だった。この結果について、同研究員は「若者であるほど男女平等の価値観を持ち、高齢であるほど伝統的な考え方を重視しているため」と分析している。

また、「子どもの数が減少し長生きする両親の扶養問題で葛藤が生じると思うか」との質問には「同意する」が77.0%、「平均寿命が延びた場合、両親が相続の手続きを先送りするなどして家族間に葛藤が生じる可能性があると思うか」との質問には「同意する」が63.9%を占めた。

このような結果を受け、韓国のインターネットユーザーらは「この現実がなんだか悲しい」「今から老後対策を立てなければ」などの意見を寄せている。

参照:女性72%「寿命が延びれば年老いた夫が負担」 - 国民日報
参照:女性72%「寿命が延びれば年老いた夫が負担」 - ソウル新聞

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。