リクルートが同社の求人メディアに掲載された求人情報からまとめた、10月の派遣スタッフ募集時平均時給調査によると、三大都市圏(関東・関西・東海)の平均時給は前年同月比1.9%増の1471円となった。

 オフィスワーク系(前年同月比1.2%増)、営業・販売・サービス系(同0.5%増)、IT・技術系(同0.2%増)は増加し、医療介護・教育系(同1.4%減)、クリエイティブ系(同0.1%減)は減少となった。

 地域別にみると、関東は1543円(前年同月比2.3%増)、東海は1314円(同1.6%増)、関西は1335円(同1.6%増)で、全地域で増加が続いている。

 同調査による平均時給は、10年11月から12カ月連続で前年同月を上回っているが、平均時給額が1500円を超えていたリーマン・ショック以前の水準には依然として回復していない。

人材派遣の減少傾向続く、製造派遣は回復傾向
9割の企業が「国内工場は減少」と回答、グローバル化が経営課題に
国内からグローバル市場へ〜世界で勝てる人材戦略

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。