トーソー(株)では、自社製品の特徴をマンガで分かりやすく紹介する「営業マン 山田耕介」の新シリーズ「コルト編」を、このほど発行した。
「営業マン山田耕介」とは、アーバンインテリアに勤める営業マン・山田耕介が施主のさまざまな悩みや要望を、窓回り製品の提案によって解決していくという物語で、2005年9月の「カーテンレールネクスティ編」の登場以来、業界関係者から高く評価されている人気シリーズ。
2007年以来4年ぶりの新シリーズとなった今回の「コルト編」は、一人前に成長した山田耕介のもとにかわいい後輩・御影石くんが登場、その彼をサポートしながらリーズナブルで多彩なウィンドートリートメントを一度に提案できる「コルト」シリーズの魅力を紹介するというストーリー。最後は暗いイメージだった部屋、そして家族が「コルト」によって明るく楽しく変貌する。
なお「営業マン 山田耕介 コルト編」に関する問い合わせは、トーソー営業担当へ。ホームページ上ではデジタルブックとして公開している。