史上初 紅白歌合戦で司会者の衣装を公募

写真拡大

 NHKが、「第62回NHK紅白歌合戦」で紅組司会の井上真央さんが本番で着用する衣装デザインの公募をスタートした。司会者の衣装デザインを一般公募するのは紅白史上初の試み。応募されたデザインの中から1点のみを選出し、衣装に仕立てて大みそか当日の生放送で披露する。締め切りは12月1日必着。

紅白歌合戦の衣装を公募の画像を拡大

 大晦日の「第62回NHK紅白歌合戦」のテーマは、「あしたを歌おう。」。白組司会者に嵐、紅組司会者に井上真央さんを迎え、2012年に向けて明るい「あしたの歌」を歌える番組で今年を締めくくる。毎年楽しみの一つとしてあげられているのが、出演者の衣装。1年に一度の番組ならではの特別な衣装が用意されているが、2011年は司会者の衣装1点を視聴者から公募。司会を務める井上真央さんの希望もあり、紅白史上初の試みが実現した。

 応募方法は、今年の「NHK紅白歌合戦」で井上真央さんに着てもらいたい衣装のオリジナル・デザイン画を送付するのみ。手書き、CG、イラストなど、表現の手法も自由。プロ・アマは問わず、過去に未発表、未応募、未投稿のもので、オリジナル作品に限る。

■紅白公式HP:http://nhk.jp/kouhaku