無印良品のソーシャルゲーム「MUJI LIFE」日英2カ国語スタート

写真拡大

 「無印良品」を運営する良品計画が11月15日、初のソーシャルゲーム「MUJI LIFE」を始動した。インターネット上の棚に「無印良品」のお気に入り商品を並べて自分らしさを表現するゲームで、日本語版と英語版の2カ国語でスタート。既存のソーシャルコマースサイト「my MUJI」と連動を図り、今後は中国語版やiPhoneアプリのリリースが予定されている。

無印良品がソーシャルゲーム始動の画像を拡大

 「MUJI LIFE」は、インターネット上にバーチャルの棚を作り、無印良品のアイテムを模したフィギュアを並べて自分らしさを表現するソーシャルゲーム。Facebook、Twitter、mixiといった既存のソーシャルメディアアカウントを通じて利用が可能で、1日3回届くギフトを開封するごとにフィギュアやMUJIコインを入手することが出来る。オンライン書店Amazon(アマゾン)との提携により、本やCDを選んで棚を飾ることも可能。棚を世界各地のユーザーに披露したり、飾ったアイテムのフィギュアを友人にプレゼントしたり、コメントを交換することでユーザー同士のコミュニケーションを図る。なお、キャンペーンによって実際に棚一式が当たるチャンスも用意される。

 良品計画は、2011年8月に「無印良品」のネットストアと連動したソーシャルコマースサイト「my MUJI」を始動。登録者数は現在約8千人で、商品に対する2,000以上の口コミが投稿されている。良品計画は「C to Cだけではなく、C to B(消費者から企業へ)という貴重なプラットフォームとなっている」(同社・広報)とし、新たに立ち上げた「MUJI LIFE」との連動によって、「言語を超えたMUJIの新しいグローバルコミュニケーションのスタイルを形成していきたい」としている。

■無印良品がソーシャル搭載「ほしい!」ボタンでSNS連携>http://www.fashionsnap.com/news/2011-08-22/muji-sns/

■MUJI LIFE:http://life.muji.net