国内ゲームソフト売上ランキングで「初登場1位」! 全世界での累計出荷本数150万本突破の『DARK SOULS(ダークソウル) 』 体験者の約8割が「大人がハマるゲーム」と回答

写真拡大



株式会社フロム・ソフトウェアは、2011年9月22日にPlayStation3(PS3)専用ソフトウェア『DARK SOULS(ダークソウル)』の販売を開始し、発売4日間で28万本の売上を達成、「国内ゲームソフト売上ランキング(※)」で初登場1位を獲得した。また、今回20〜35歳の男性モニター102名に、同製品の体験アンケートを実施したところ、モニターの77%から「大人が“ハマる”ゲーム」と高い評価を受けている。※メディアクリエイト調べ 「国内ゲームソフト 週間売上ランキング」(2011年9月19日〜25日)

■週間売上ランキングで「初登場1位」!全世界での累計出荷本数は150万本突破2011年9月22日にフロム・ソフトウェアが発売したPlayStation3専用ソフトウェア『DARK SOULS』。同製品は、発売からわずか4日間で28万本の売上 を突破し、発売日翌週の「国内ゲームソフト売上ランキング(※)」では、初登場1位を獲得。また、国内にとどまらず海外でも人気を博し、全世界での累計出荷本数は150万本を突破している。

魔物が巣食う、退廃的な雰囲気が漂うダークファンタジーの世界を舞台にした『DARK SOULS』は、人気ソフト『Demon's Souls(デモンズソウル)』を手掛けたスタッフによる新作RPG。『Demon's Souls』は、圧倒的な難易度と、それに伴う完成度の高いつくりこみがコアなゲームユーザーの間で話題となり、「すぐ死ぬ」「達成感がハンパない!」「究極のマゾゲー」などといったクチコミが盛り上がった結果、ロングヒットを記録した作品。 

大ヒットした『Demon's Souls』と同様のテーマを持ち、さらに内容を発展させた今回の新作『DARK SOULS』は、ダンジョン探索の緊張感、敵と遭遇した時の恐怖、新しい発見のよろこびなど、RPGが本来持つ根本的な面白さや達成感に強くこだわっている。難易度のバランスについても調整を徹底し、各マップの構成、マップ同士のつながり、各地に散りばめられた発見の驚きなど、さまざまな工夫を凝らしている。

■モニターの約8割が『DARK SOULS』を「大人が“ハマる”ゲーム」と評価!また今回、『DARK SOULS』の満足度を調査するため、男性モニター102名を対象に体験アンケートを実施。体験後の調査では、実に77%もの男性が『DARK SOULS』を「大人が“ハマる”ゲーム」と評価。さらに、モニターからの感想としては、次のようなコメントがあがっている。



◆絶対倒せなさそうな敵に遭遇し、あきらめずにプレイしてクリアしたときの快感が凄い!また、グラフィックもリアルで、ボス以外の敵キャラクターもかなり手強くて、本気でびっくりした。(24歳・神奈川県)

◆まるで自分がゲームの中に入り込んだかのように、その世界観にのめり込んでいった。いきなり強い敵が現れ、一瞬でやられてスタートに戻ってしまう悔しさもあり、のんびりと楽しめないところもこのゲームの魅力なのだと思う。アクションが苦手な人にとってはクリアするまで大変そうだが、助け合ってゴールを目指すオンライン要素もあるので挫折せずクリアまで楽しめそう。(30歳・滋賀県)

◆ファミコン世代にはたまらないゲーム。難易度が高いのも、かえってハマリ要素に繋がって良いと思う。(32歳・東京都)

◆序盤は半端なく難しいが、そこを乗り切れば、アイテムが充実してきて戦闘に幅ができるのが素晴らしい。大ボスに力任せではまず勝てないのも良い。またシームレスな移動とショートカットの多用により、広大なマップ移動にストレスを感じさせない工夫も気に入った。難易度は高いがとても面白いゲームだと思う。(33歳・奈良県)

◆遠くの景色が綺麗で良かった。全てのエリアがシームレスに繋がったオープンワールド型だから、ファンタジー世界を本当に旅しているようだった。ハードの性能が上がったので、今後もオープンワールドを極めていって欲しい。(32歳・静岡県)

◆非常に難易度が高く、のめりこめた。また世界観が非常に作りこまれていて、グラフィックも綺麗で魅了された。全体的におもしろい。(30歳・東京都)

◆毎日少しずつやりたくなる内容。意外性もあり、面白く、自分の好みのゲームだった。(29歳・神奈川県)

◆世界観がとても気に入って、すぐにハマった。難易度が高く心が折れる場面も多かったが、そこを克服していけば達成感が味わえるので、また次に進めたくなる。(33歳・神奈川県)

◆雰囲気がとても好き。暗くて湿っぽくて、いつ襲われるかわからない緊張感がとてもよく出来ている。初心者には難易度が高めだが、逆にそれが一層緊張感を生んでいるのかも。(31歳・東京都)

◆いかにもダークファンタジーといった感じで、少年少女が主人公の青臭いRPGとは一線を画すゲームだった。プレイヤーがすぐに死んでしまうため多角的に攻略方法を探る必要があり、死んでは挑み、また死んでは挑んだ結果、勝利した時の達成感は大きいと思う。(22歳・千葉県)

◆世界観が非常に独特でややダークな印象。全体的によく作りこまれており、ゲームとして完成度の高いものとなっていると感じた。(23歳・埼玉県)



【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

FromSoftware | フロム・ソフトウェア
DARK SOULS | ダークソウル

■関連記事
アサヒ飲料、炭酸飲料「三ツ矢サイダー ザ・プレミアム ワンウェイびん 310ml」を数量限定発売
鷲宮商工会、第3回「オタ婚活 コスプレ編」開催決定
【アニメ】「境界線上のホライゾン」第7話は「相対」(ネタばれ注意)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」特製フィギュア付きUCCコーヒーが12月発売
(ネタバレ注意)アニメ「未来日記」第6話、由乃、お母様に会う