ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、PSP「プレイステーション・ポータブル」用のUMD版 ゲームタイトルを所有するユーザーが、同タイトルのダウンロード版を購入される場合、通常のPlayStationStore(PS Store)販売価格よりもお手頃な価格で購入できるサービスプログラム「UMD Passport」を2011年12月6日(火)より開始する。

同サービスを利用することで、2011年12月17日(土)に発売予定のPlayStationVita(PS Vita)を購入するユーザーがUMD版のゲームタイトルを所有していた場合、同タイトルをPS Vitaでも手軽に楽しむことが可能となる。

「UMD Passport」を利用するための専用アプリケーション「UMD登録アプリケーション」はPlayStation StoreからPSPにダウンロード。次にUMDを挿入した状態でアプリケーションの簡単なナビケーションに従うことで、自身のPSNアカウントへのUMD登録が完了する。登録完了後には、同じタイトルのダウンロード版をお手頃な価格で購入することが可能になる。

同サービスには現段階で40社以上、約200タイトルが対応を予定しており、順次、各ソフトウェアメーカーと協力しながら対応タイトルの拡充を行って行くとのこと。

【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

ソニー・コンピュータエンタテインメント | Sony Computer Entertainment Inc.


■関連記事
【おやつドキッ!!】不二家、「カントリーマアム(大学いも)」「カントリーマアム(ホットケーキ)」を期間限定発売
「TIGER&BUNNY」描き起こしイラストのBIGポスターをプレミアムバンダイ限定で予約開始!
バンダイチャンネル 「月額1,000円見放題」対象作品追加情報 「機動戦士ガンダムZZ」など計7作品が、11月14日(月)より対象作品に
ライアンエア、機内サービスで「ポルノ放映」検討中!?
ヤマト運輸、5年間で約700通のメール便を配達せず廃棄