111109NEWSph01.jpg褐色の肌にまぶしい、真っ白い歯…アフリカ人の歯の美しさの秘密はなんと、彼らの歯ブラシにあるのです!

今回は、アフリカからの移民が多いパリに生きるロハス女性、それも通こそがチェックする、アフリカの歯ブラシをご紹介します。

アフリカでは、プラスティック製の歯ブラシではなく、ニームやアラクという木の小枝が歯ブラシとして使用されています。現物の太さは5ミリぐらい、長さは10センチぐらい。

見かけは、鉛筆のような、ただの枝。この小枝を楊枝のように口に加え、その小枝の先端を、しつこい程によく噛み続けます。次第に、枝の先端の繊維が分解されてきて、ブラシ状にボサボサに。そのブラシで、歯の表面をこすり、歯茎をマッサージするのです!

111109NEWSph02.gif

はじめは、甘酸っぱいような味や、やや固いブラシタッチに苦戦をするかもしれません。けれども慣れてくると、そのツルツル&ピカピカ効果の即時性に感激し、歯茎も丈夫になってくるのが、実感できますよ。

ニームの木には、天然のホワイトニング効果が、アラクにはビタミンCが豊富。歯磨き粉なんて不用、この1本でOK!というコンパクトなところも魅力です。

この歯ブラシは、アフリカでは至る所で路上販売されており、気が向いたら”いつでも、どこでも”この小枝を口に加えて、”モグモグ、クチャクチャ……”と、誰もが歯を磨いているそうです。

111109NEWSph03.jpg

こんな、超エコなアフリカの歯ブラシで輝く歯を目指してみませんか?

[アフリカ 歯ブラシ]

text by 豊島由佳
--------------------------------------------------------------------------------
photo.jpgフランス・パリを拠点に、幼少期より学び親しんだ能といった古典、伝説や神話、アミニズムなど、自然から生まれる日本のイマジネーションやその世界観を物語る映像作品を作っている。
www.yukatoyoshima.fr


■ あわせて読みたい
2012年のケーキ・トレンドは「グルテンフリー」! セレブも夢中になるその魅力とは?
天然ヨードたっぷりの重要文化遺産で採れる「スロベニアの塩の花」とは?
行列のできる日本食屋さん! パリでも『BENTO』はヘルシーフードの代名詞
アヴェダ創設者が精魂込めるオーガニックコスメ! 日本未入荷「Intelligent Nutrients」とは?
便秘&腸内環境スッキリ! スロベニア発の超硬水ミネラルウォーター「ドナト」がスゴイ
日本で大人気だったあのドリンクが復活!? ニューヨークで大流行中のKombuchaとは!?
ギリシャが熱い!? 地中海の自然の恵みたっぷり「ギリシャコスメ」
ロハスなパリジェンヌは、自転車の乗り捨てが当たりまえ!? パリの最先端エコ事情