素粒子の数が少なくとも3種6個以上あることを予言した「小林・益川理論」で知られる益川氏

写真拡大

 戦後、「科学技術立国」として成長してきた日本だが、1990年代初頭のバブル崩壊と共に、各企業の科学技術に関する予算が削られるようになり、海外企業にシェアを奪われるケースが出てきた。日本、そして科学技術の未来はどうなるのか――。2008年にノーベル物理学賞を受賞した理論物理学者・益川敏英氏は2011年11月11日、愛知県名古屋市で講演し、科学がブラックボックス化する「科学阻害」が進んでいるを挙げ、これに対応するため、また自らの思考を飛躍させるためにも、何かを深く学んだあとには「他の学問に浮気」することを薦めた。

■「科学阻害」が起きている

 益川氏は、科学技術の現状について「"科学阻害"が起きている」と語る。自身が子供の頃には「鉱石ラジオ」を作ることを通じ、ラジオにはAM方式とFM方式があることや配線を学ぶことができたが、「最近は科学技術が高度に発展して、本当にそういう楽しみがなくなった」と言う。その背景には、人の手の届くところにあった科学技術が高度化し、科学自体がブラックボックス化したことが挙げられるとし、これを「科学阻害」という造語で表現した。

「『科学阻害』(が起きている)。科学が発展すればするほど、科学そのものが人間からよそよそしいものになっている」

と、益川氏は現況を危惧する。そうした「科学阻害」に対応するためにも、また自身の思考を飛躍させるためにも、何かを学ぼうとする人は「まずひとつ専門的に深く理解できるものを作り、それからもう0.5くらい違うものを理解する」ことが重要だと益川氏は言う。自分の専門とするものから「0.5」だけ異質なものを知ることで、「3つ目、4つ目の異質な物」にも思考が及ぶようになるというのだ。実際に益川氏自身、専門とする素粒子だけでなく核理論や統計理論の研究にも触れ、各分野の研究者と共同で論文を書いたこともあると語った。

 益川氏はこれを

「(何か一つを深く学んだら)他の学問に浮気をしなさい」

と表現。さらには、

「人と話をして、異質な刺激を受けなさい」

と語り、これが思考を新たな境地に飛躍させるための秘訣であると述べた。

(中村真里江)