<UFC世界ヘビー級選手権試合/5分5R>
[挑戦者]ジュニオール・ドスサントス(ブラジル)
Def.1R0分64秒 by TKO
[王者]ケイン・ベラスケス(米国)

左ジャブから、右ローを見せたベラスケス。続くローに、右を合わせようとするドスサントス。ベラスケスは、ドスサントスの蹴り足をキャッチし、テイクダウンを狙うが、ここはそれほど固執せずに、すぐに打撃の間合いに戻る。

姿勢を整えたドスサントスは、再びベラスケスと向かい合う。挑戦者の左に、左フックを合わそうとしたベラスケスに対し、右のクロスをドスサントスが放っていく。この一撃で、斜め後方に倒れ込んだ王者ベラスケス。ドスサントスが追撃の左パウンドを連打し、さらに右を落とす。ベラスケスはうつ伏せになり、動かなくなると、レフェリーのビッグ・ジョン・マッカーシーが試合をストップ。僅か64秒でジュニオール・ドスサントスが新UFC世界ヘビー級王座につくことになった。

涙を浮かべる新王者は「何っていったらいいか分からない。彼と闘うのは、怖かった。この試合は100%の準備ができなかったから、怖かったんだ」と改めて、プレッシャーのかかるファイトに対する心情を吐露した。

「ファンのみんなに謝りたい。僕は絶対に戻ってくる。彼は凄いパワーがあった。今夜は彼の夜だったんだ」と元王者は語り、オクタゴンを後にした。

大会レポート一覧はコチラから