<ライト級/5分3R>
ベン・ヘンダーソン(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
クレイ・グィダ(米国)

左ジャブを伸ばすグィダ。右リードを放つベン・ヘン。グィダの右が、まずはベン・ヘンの顔面を捉えるが、追撃にカウンターを浴びる。両者、足を止めて、フックを打ち合うと、ベン・ヘンのフックでグィダの姿勢が乱れる。シングルレッグをとり、ダメージから回復を図るグィダは、ケージにベン・ヘンをドライブ。ボディへのヒザを見せるも、金網に押し込まれたベン・ヘンが、両ワキを差して、逆にケージにグィダを押し込んでいく。

右の細かいフック連打、さらに鉄槌を見せたグィダは、ヒザをボディに受けながらシングルレッグへ。姿勢を乱しつつ、パンチを入れたベン・へン。グィダは足を放し、距離を取る。ケージを蹴ってスーパーマンパンチを見せたベン・ヘンだが、グィダはジャンピングニーから左右のフックを続け、ダウンを奪う。今後は逆にシングルレッグを仕掛け、ダメージの回復に専念する。残り時間僅かのところで立ち上がり、ヒザ蹴りからハイキックを見せたベン・ヘン。互いに攻勢点のある互角のラウンドとなった。

2R、開始早々シングルレッグを見せたグィダだが、ベン・ヘンはギロチンで応える。首を引抜いたグィダの腰をコントロールして、テイクダウンを奪ったベン・ヘンは、巧みながぶりからヒザを打ち込む。一度は体から離れて、すかさずダブルレッグを仕掛けたベン・ヘン。ジム・ミラーを圧倒したケージレスリング合戦を仕掛ける。ヒザをボディに打ち合う両者。左フックを打ち込み、すぐにシングルに移行したベン・ヘンだが、左足を抱えたグィダが逆に尻餅をつかせる。

グィダ・コールに応えるように、ダブルレッグでテイクダウンを狙ったグィダだが、右ワキを差したベン・ヘンが体勢を入れ替え、距離を取る。スピニングバックフィストを空振りしたグィダをがぶったベン・ヘン。そのままテイクダウンを狙うが、グィダはギロチンへ。首を抜いたベン・ヘンがバックマウントへ。残り30秒、パンチを入れたベン・ヘンがバックをキープしたまま、2Rを闘い終えた。この時点で観客がスタンディングオベーションを送る熱闘は、最終回へ。

左ハイを放ったベン・ヘン。グィダは頭を振って前に出る。距離が詰まると、両者足を揃えてパンチを出す。ベン・ヘンは踵落としを見せるも、これはヒットしない。前に出るグィダ。両者のフックが交錯するが、ベン・ヘンが組みついてケージにグィダを押し込んでいく。ベン・ヘンのボディへのヒザ蹴りに合わせて、反対側のケージまでドライブしたグィダだが、体勢を入れ替えられてしまう。右ワキを差して、前に出るベン・ヘンだが、完全にコントロールするまでは至らない。

頭をつけ合う両者。グィダの左ハイキックは空振りになり、直後にベン・ヘンがテイクダウンからサイドを奪取する。暴れるグィダを抑え込むベン・ヘン。グィダはスクランブルからシングルへ。待ってましたとばかりに、バックへ回り込んだベン・ヘンが四の字フックに。

完全にバックを取ったベン・ヘンは、右腕もフックをしているが、胸を合わせて起き上がる。ベン・ヘンのジャンピングニーに、飛び上がるようにぶつかっていったグィダは、ギロチンに捉える。タイトに絞めるも極め切れなかったグィダ。残り10秒となり、スクランブルから起き上がったベン・ヘンが、足にしがみつくグィダにパンチを落したところで、タイムアップに。

両者が勝利を観客にアピールするなか、ジャッジの裁定は二人が30-27、そして残り一人も29-28でベン・ヘンを支持。ライト級タイトル挑戦権を得たベン・ヘンは「凄いペースの試合だった。チームのみんなの助けで、闘えた。タイトル挑戦? やるだけだ」と語った。