<ミドル級/5分3R>
マイク・ピレース(米国)
Def.判定2-1:30-27、29-28、28-29
ポール・ブレットリー(米国)

いきなり左を伸ばし、組みついたピレースは、離れ際に左フックを見せる。距離を取ったブレットリーは、左フックを繰り出すなど、スピード感溢れる立ち上がりになる。ブレットリーは左ロー、右前蹴り。ピレースは左ストレートから組みつくも、すぐに距離を取る。
ピレースの突進をいなし、ケージに押し込んだブレットリーは、自ら距離を取る。レスラー同士の対戦は、打撃戦が多くなるようだ。そして、ピレースの右フックで、ブレットリーの動きが一瞬止まるシーンも。

右ローを放ち、左ジャブを繰り出すピレースは、さらに右を続けて放ち、左をヒットさせる。ブレットリーも左フックで対抗するが、試合は徐々にピレースのペースに。ブレットリーのスーパーマンパンチは空を切るが、続くテイクダウン・アテンプトからバックに回り込む。胸を合わせたピレース。ブレットリーはテイクダウンに固執せず距離を取って、打撃戦の間合いへ。ケージ中央でワキを差した状態で、ブレットリーがボディにヒザを蹴り上げ、ペースを取り戻したところで1Rが終了した。

2R、左から右を見せるブレットリー。ピレースも左を見せるが、前に出るのはブレットリーだ。両者のフックが交錯し、ピレースが組みつくと、ブレットリーがボディにヒザを入れる。頭から突っ込むピレースに、ブレットリーは首相撲で対抗。ここはピレースが自ら距離を取り、シングルレッグにつなげるも、テイクダウンには至らない。互いにテイクダウンをフェイントにパンチの機会をうかがう。残り2分を切り、ピレースがパンチからドライブ。右ワキを差して押し込むが、ブレットリーは向きを入れ替えながら離れる。

パンチから組みついたブレットリーに、投げを打つピレース。徐々に後手に回るようになったか。ピレースの前進にブレットリーが、ショートのアッパーをヒットさせる。ピレースも左を打ち返し、両者決定的な展開に持ち込めない互角の展開のなか、試合は最終回へ。

互いにギアをあげ、パンチを放ち、ケージ中央で組み合う。離れながら左フックを見せたピレースに対し、ブレットリーはヒザを放っていく。左を打ち込むブレットリー。下を向きながらパンチを繰り出すピレースに低い姿勢で組みついていく。スプロールしたピレースは、左を差してヒザを見せる。ここでレフェリーが両者を分けるが、すぐに同じように組み合いになる。ヒザ有り、グレコローマンのような展開は、地味だが非常に力がこもっている。

2分を切って距離を取った両者、ここでブレットリーがダブルレッグからバックへ。両足をコントロールし、懸命に背中をつけようと試みるが、途中で諦めスタンドへ。左が交錯した後も、両者がパンチを見せる。残り10秒、距離が詰まっての打ち合いで、ピレースが前に出て、ブレットリーがやや押された感じとなり、3Rも終了した。ジャッジは30-27、29-28、28-29のスプリットでピレースに凱歌が挙がった。