毎号ひとつの食材を徹底的に解剖し、母なる地球の恵みについて考える隔月刊誌『旬がまるごと』(ポプラ社)が11月17日(木)にイベントを開催する。11月20日に発売する1月号のテーマは「ほたて」。ほたての産地である青森をPRする居酒屋「りんごの花」(新宿区荒木町)でおこなわれるもので、ほたてのほか、青森の一押し食材を使った料理がふるまわれる。

 ほたてを餌にして育った"ほたての味がする"「ほたて鯛」の刺身、陸奥湾のとれたてを使った「焼きほたて」、ほたてを使った郷土料理「貝焼き味噌」とほたて尽くしの料理はもちろんのこと、その他青森産の食材を使った料理も。たとえば、「十和田産にんにくまるごと揚げと青森の珍しい野菜添え」やミシュラン一つ星店の焼き鳥屋も使っているという地鶏を使った「青森シャモロック溶岩焼き」、昨年のB-1グランプリ3位に輝いた「八戸名物せんべい汁」も堪能できる。

 酒については、限定発売された"幻のビール"サッポロ黒ラベル"東北ホップ"、4種のリンゴジュースで割るサワー、本州最北端の酒蔵で作られた「関乃井 本醸造」や、「本醸造 ねぶた」「八甲田おろし 特別本醸造」などが味わえる。

 くわえて、編集長が取材の"こぼれ話"を語ったり、「りんごの花」料理長からほたての上手な焼き方や郷土料理の作り方などのレクチャーも予定。津軽弁で解説を加えるという"お楽しみ"も用意され、青森を満喫できる夜といえそうだ。

 時間は19時30分から。会費は5000円(酒代込み)で、募集人員は21人。『旬がまるごと』最新号のお土産つき。予約、お問い合わせは「りんごの花」(担当:坂本)まで(Tel:03-6380-6724)。



『食材のワンテーママガジン『旬がまるごと』が"ほたて"イベント開催』
 著者:
 出版社:ポプラ社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「俺は浮気しない」という男は、浮気をする可能性が高い? 』(2011年10月25日08:00)
『世界中を魅了したスウェーデン発のミステリー 『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』』(2011年10月24日09:00)
『就活のES、見てもらうためには「ブリーフの裏側」が必要?』(2011年10月23日15:00)


■配信元
WEB本の雑誌