ウインターソングの代名詞「冬がはじまるよ」が20年振りに今年の冬を盛り上げる
1988年から続く季節限定ビール「サッポロ 冬物語」が今年も発売された。
今年の「サッポロ 冬物語」は、より麦芽のうまみをじっくり引き出した味わいを実現。麦芽100%ならではのコクがありながら、澄んだ後味となっている。

「サッポロ 冬物語」と言えば、冬のイメージソングを使用したCMが印象的だ。
なかでも槇原敬之の「冬がはじまるよ」は、20年前に同商品のために書き下ろされたタイアップソングとして有名。アラサー、アラフォー世代なら「サッポロ冬物語」から「冬がはじまるよ」のメロディーを連想するひとも多いだろう。

11月10日(木)に行われた「サッポロ 冬物語」発売記念プレス発表会では、2011年サッポロビールイメージガールの葉月ミカと槇原敬之が登場。
20年ぶりのタイアップとなった今回、トークセッションでは「冬がはじまるよ」を作った当時の思い出や、「サッポロ冬物語」のコンセプト“大切な人と過ごす、冬のあたたかいとき”について語った。


トークに続くライブセッションでは、槇原敬之Special Liveと題し「今年の冬」、「冬がはじまるよ 2012」の二曲を披露、会場を盛り上げた。

なお「サッポロ 冬物語」の発売に伴い、サッポロ 冬物語限定「槇原敬之
ミニCDアルバムプレゼント」キャンペーンが実施される。ミニCDアルバムには、「冬がはじまるよ」を再レコーディングした「冬がはじまるよ 2012」を収録。

「冬がはじまるよ」は恋人同士を歌にしたものだが、20年の時が流れ、当時聴いていた世代は家庭を持つような大きな変化が訪れているかも知れない。この冬、大切な人と「サッポロ 冬物語」を飲みながら、新旧2つの「冬がはじまるよ」を聴き比べてみるのもおもしろいかも。


■関連サイト
サッポロ 冬物語スペシャルサイト