111109coffeefilters.jpg


朝コーヒーを飲む時にドリップのコーヒーメーカーを使っているなら、コーヒーをいれる前にコーヒーフィルターをお湯ですすいでみてください

「Serious Eats」に、おいしいコーヒーをいれるのに必要なのはコーヒー豆と水だけだという、当たり前と言えば当たり前な指摘がありました。実は、紙製フィルターや再利用可能なフィルターが、時としておいしいコーヒーを作ることを邪魔するのだそうです。

 

コーヒーをドリップでいれることを止めることができず(できればドリップのほうが良いのですが)、フレンチプレスやエアロプレスを試すことができないなら、少なくともコーヒーメーカーでドリップする前に、フィルターをすすいだ方がいいでしょう。

Serious Eatsには、紙のフィルターでいれると紙や木の香りがコーヒーに移ってしまったり、再利用するアルミやプラスチックのフィルターでいれると(定期的に洗っていない場合)、コーヒーから出る油分が蓄積されてしまうとありました。そこで、コーヒーをいれる前にお湯でフィルターをすすいでキレイにすると、コーヒーがよりおいしくなります。やり方は、フィルターを設置してお湯を少々フィルターに注ぎ、それからコーヒーをいれるだけでOKです

ちなみに、原文筆者はコーヒー大好き人間なので、コーヒーをドリップでいれるならこの程度の手間は惜しまないとのこと。コーヒーを飲む習慣がなかったり、コーヒーがあまり好きではないという人は、こんなことをしても違いに気付かないかもしれませんので、あまり意味はないかもしれません...。

最近はコーヒーといえばライフハッカーというくらい(?)コーヒーネタが多いので、他のコーヒーネタもチェックしてみてください。ここに載っていない新たなコーヒーネタがあれば、コメント欄にお願いいたします。。


Coffee Filters: You Should Clean Them | Serious Eats via The Kitchn

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)