“ドロイドくん”の公式マスコットフィギュア、12月に国内で発売開始

写真拡大

ラナは11月9日(水)、Googleの携帯端末向けOSであるAndroidの公式マスコットフィギュア「Android mini collectibles」を国内で販売することを発表しました。第1弾として、日本限定パッケージの2種類が登場します。価格は840円(税込)です。12月から家電量販店をはじめとした小売店で販売されます。

「“ドロイドくん”のフィギュア発売 」の写真・リンク付きの記事

▽ リリース:Android™ mini collectibles

日本向けにデザインされた限定パッケージで、おなじみの緑色の「Standard Edition」と自由なカラーリングを楽しめる真っ白な「DIY Edition」の2種類が発売されます。サイズは、約75mm×70mm×40mmです。12月の小売店での発売に先駆け、ラナの直販サイト「ラナタウン」では予約受け付けが始まっています。12月中旬から順次発送するとのことです。

▽ アンドロイド ミニコレクティブル【予約:12月中旬より順次発送】 | Android | | ラナタウン

ラナは、Android公式キャラクターフィギュアのデザイン、制作に関するライセンスを保有している米Dead Zebra, Incと、日本での独占販売契約を締結しました。今後発売される「Special Edition」や「Android Foundry」ブランドを取り扱う予定とのことです。

通称“ドロイドくん”として親しまれているAndroidの公式キャラクターグッズや、Googleロゴを使ったグッズなどは、Google Storeでも購入できます。

▽ Google Online Store

関連エントリー