来年1月14日(土・現地時間)にブラジルはリオデジャネイロのHSBCアリーナで開催されるUFC142。すでにジョゼ・アルド×チャド・メンデスの間でUFC世界フェザー級選手権試合が行われることが発表されているが、8日(火・同)にズッファより、注目のライト級マッチ2試合が組まれることが発表された。

「ライト級を代表するストライカー同士の対戦が合意に至った。火花散る打撃戦になるだろう」とダナ・ホワイトが語るのは、エジソン・バルボーサとテリー・エティムの顔合わせだ。

MMA9戦無敗、UFCでは3連勝中のバルボーサは、ブラジル国内のムエタイで20戦以上のキャリアを持つ。バルボーサのスタンドは、ほとんどキックボクシングと同じで、高い重心の構えから鋭い蹴り技と伸びるパンチを武器に戦う。

一方のテリー・エティムは、10歳から8年に渡りボクシングを学び、その後、18歳でMMA転向。同時に英国ムエタイ界の名門カオボン・ジムに所属するようになり、名匠コリン・へーロンの下でムエタイの技術を修得した。キャリア18戦15勝3敗、UFCでは先のバーミンガム大会においてエディ・ファロロトを17秒ギロチンで下した勝利を含め、6勝3敗の戦績を残している。

バルボーサが打撃一本槍なのに対し、フロントチョーク系の技で一本勝ちも多いエティム。それには打撃でプレッシャーを与えて、相手が組んでくるというプロセスが必要なので、この試合はダナの望む、激しい打撃戦となりそうだ。

もう一つの注目は、チアゴ・タヴァレス×サム・スタウト戦だ。8月のリオ大会で母国のファンの声援をバックにスペンシャー・フィッシャーをTKOで下し勢いに乗るタヴァレス。一方のスタウトは師であり、義兄でもあったショーン・トンプキンスを8月に失った状況下で、3連勝を誓う。

柔道の投げを加えたテイクダウン能力+削り合いで強さを発揮するタヴァレスと、ローを効かせ踏み込みをとめてパンチを打ちこむスタウト、バルボーザ×エティム戦とは違った組×打の激しい攻防が繰り広げられそうだ。

タヴァレスは別として、バルボーサ、エティム、スタウトは蹴りを含めた打撃において、ドナルド・セラーニを含めたライト級四天王といえる存在だけに、王座挑戦を終極の目的とした出世争いも楽しみだ。
[対戦カード&詳細はコチラ]