従来の漫画の文法は「崩壊した」と大塚氏

写真拡大

 漫画における表現の「文法」が変わりつつある。株式会社ドワンゴの新入社員研修として行われてきた「ニコニコ教養講座」が、ニコニコ生放送「大塚英志 presents 『未来まんが研究所』〜物語の学校〜」として、2011年11月5日から再開された。"学校"の講師である漫画原作者・評論家の大塚英志氏は「ニコニコ動画の視聴者を招いての受講形式になる」と語り、この日はプレ放送として、ニコニコ本社2Fより生中継された。

 12月からの本放送を前にした今回は、番組の方向性として「インターネットやWebの中で、漫画がどう変化していくのかを考えるのではなく、実際に作品を作りながら見ていきたい」と大塚氏は語り、日本の漫画表現に分析を加えた。大塚氏によると、宮崎駿監督が「日本の漫画家たちは皆、エイゼンシュテインみたいなことをやっている」と指摘したという。エイゼンシュテインとはソビエト連邦の映画監督で、複数のカットをつなぐことで場面に意味をもたせる「モンタージュ理論」を確立したことで知られる。大塚氏は、宮崎監督の指摘について「これは真実だ」とし、

「日本の漫画は、映画やアニメーションと見せ方の文法性が似ているんです。アメコミと比べたとき、カット割りとか構図の中に、カメラアングルやカメラワークといった情報がたくさん入っていて、極めて映画的なんです」

という。

■これまでは「見開き」が漫画の一単位

 そうした漫画では、本を見開いた状態が一つの「単位」であり、コマ割りも「見開きの原則論」で成り立っている。作者自身も見開き単位で構成を考え、コンテを作るという。だが、Webの台頭によって、そうした文法が崩壊したと大塚氏は語る。Web上では漫画を縦スクロールで読むことが可能となり、そこにプログラムを埋め込むことすらできる。また、これまで印刷コストを考えれば採算に合わなかったカラーページも、Webであれば、全ページでも差し支えない。

「(これまで日本の漫画は)紙という制限のなかで展開してきたわけだけど、そういうものから離れたときに、(これまでの表現を)一度リセットして、いったいそこで何が可能なのか、なにが起きるのかを見ていきたい」  と大塚氏は、番組の主旨を語る。

 また、手塚治虫氏や石ノ森章太郎氏といった、いわゆる「ときわ荘グループ」が現在の漫画の文法体系を作り上げたことに触れ、そこには999の実験と失敗があり、残ったひとつが今も引き継がれていると大塚氏。腕を組みながら淡々と、「その(失敗した)999を、誰かがやっときゃなきゃいけないだろう」と、番組での抱負を述べた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 大塚氏、日本の漫画表現について語る部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv69337346?po=newslivedoor&ref=news#3:47

(ハギワラマサヒト)