宍道湖を望む松江市の、閑静な住宅街に立つ錦織邸――。実家の応接間に置かれたグランドピアノの上には、数々の記念品と並び、1枚の写真が額に入れて飾られていた。

 錦織圭と、ロジャー・フェデラー。

 今から約5年前に撮られたその写真の中で、世界のトップを夢見てフロリダに渡った少年は、時の世界ナンバー1の横で、少し強張った笑顔を見せていた。憧れの選手と初めて練習をした際に、記念に撮った1枚である。

「そりゃーもちろん、フェデラーですよ!」

 かつて錦織に「最も対戦したい選手は誰か?」とたずねたところ、即座にそのような答えが返ってきた。当時の錦織は、18歳。衝撃的なツアー初優勝をあげ、強豪ジェームズ・ブレーク(アメリカ/当時12位)や、元世界ランキング1位のアンディ・ロディック(アメリカ/当時6位)らトップ選手たちと、ラケットを交え始めたころのことだ。

 多くの夢を実現した18歳が過ぎ、迎えた19歳はケガに泣かされた1年である。10代最後の年の大半を、錦織は検査と休養、そしてリハビリに費やした。

 20歳になり、1年離れたコートに戻ってきたとき、懸命に56位まで上げたランキングは幻のように消失し、ゼロからの再起を余儀なくされる。その窮地にありながらも錦織は、当時3位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)や1位のラファエル・ナダル(スペイン)らと対戦し、確実に、そして急速に経験を積んでいった。だが、不思議と、フェデラーとの対戦の機会は訪れぬまま月日は経ち、2011年シーズンを迎えたのだった。

続きは web Sportiva で

  • 【テニス】「勝つには相当な根気と強さがいる」。錦織圭の前にあるトップ10の壁…[2011年10月05日]
  • 【テニス】ワールドグループで錦織圭が対戦を熱望するトッププレイヤーとは?[2011年09月21日]
  • 【インタビュー】錦織圭「全米オープンはいつも調子が出る。ベスト8を目指したい…[2011年08月21日]