あの“ドロイド君”フィギュアの正式ライセンス品『Android mini collectibles』が国内で発売決定

写真拡大




日本では“ドロイド君”の愛称で親しまれているAndroidのマスコットキャラクター。米国ではGoogleがDead Zebra社へ正式にライセンスしたフィギュア『Android mini collectibles』が販売されていますが、こちらの製品が日本でもラナから12月に発売されることになりました。家電量販店や雑貨店などで販売し、価格は840円(税込み)です。

DIY edition
『Android mini collectibles』は、全高75mmの卓上サイズのフィギュア。おなじみ緑色の『standard edition』のほかに、自分で彩色して楽しめる『DIY edition』の2種類をラインアップしています。今後発売予定の『Special Edition』や“Android Foundry”ブランドの製品も取り扱うそうなので、楽しみですね。

国内版ではフィギュアをデザインしたAndrew Bell氏が日本向けにデザインしたパッケージを採用。単体のほかに16コ入りのセットを1万3440円で販売します。

ラナの直販サイト『ラナタウン』では予約受け付けを開始しており、12月中旬から発送を予定しています。

ラナタウン
http://www.runatown.com/shopdetail/047000000001/

ガジェット通信編集部にあるドロイド君
“ドロイド君”フィギュアは中国製など様々なものが流通していますが、AndroidファンならGoogleの正式ライセンス品を手に入れたいですよね。ガジェット通信にも“ドロイド君”フィギュアがありますよ。目がつり上がってたり「Golge(ゴールグ)」って書いてありますけど……。