「Android mini collectibles」Standard Edition

写真拡大 (全3枚)

 ラナは9日、Androidのキャラクター「ドロイドくん」のフィギュアシリーズ「Android mini collectibles」について、日本国内で初めて、正規販売を開始することを発表した。

 「Android mini collectibles」のデザイン・制作に関するライセンスを保有している米Dead Zebra社と、日本における独占販売契約を締結した。第一弾とし「Android mini collectibles」の「Standard Edition」と「DIY Edition」を12月より発売する。Standard Editionは、キャラクターを忠実に立体再現化した緑色のフィギュア。DIY Editionは購入者が自分で着色できる白色のモデルとなる。

 Android mini collectiblesフィギュアは、NYのアーティストであるAndrewBell氏がGoogle社と提携し正式な許諾によって商品化されているが、国内では並行輸入品や中国製の偽物しか入手できなかった。日本国内での正規販売開始にあたり、デザイナーAndrew Bell氏が日本向けにパッケージをリデザイン。販売される「Android mini collectibles」は日本限定パッケージになるとのこと。

 価格はともに840円(税込)で、家電量販店、雑貨店等をはじめとする各小売店で販売される。サイズは本体が約H75×W70×D40mm、パッケージが約H100×W55×D55mm。また同社直販サイト「ラナタウン」(www.runatown.com)では、予約受付を開始している。なお今後発売されるSpecial EditionやAndroid Foundryブランドの発売も予定されているとのこと。

■関連ニュース
ニコ動による巨大イベント「ニコニコ超会議」のオフィシャルキャラクター決定!
フィリップス、日本初のAndroidスマートフォンドッキングスピーカー3モデルを発表
紛失や盗難に遭ったAndroid端末を見つける新機能「スクリーム」を搭載(シマンテック)
イード「モバイルアワード2011」を発表、Android部門でサムスンが強さを発揮