un-do design
 
un-do design の遊び心あるプロダクトデザイン

木村靖隆 氏と松尾塁 氏からなるデザインユニット「un-do design(アンドゥデザイン)」が東京ミッドタウンで開催中の「デザインタイドトーキョー」でユーモラスなプロダクトを発表しています。
  un-do-designデザインタイドトーキョー2011 un-do-design出展エリア

HANGER tree
 
HANGER tree
木製のハンガーを組み合わせてつくるコートハンガー「HANGER tree(ハンガーツリー)」もちろんハンガー単体としても使用が可能です。散らかった洋服とハンガーをるなげて一本の樹をつくるイメージ。インテリアとしてはもちろん、ハンガーが繋がっていく様は、樹の枝が伸びていくようにも見える、空間演出やインスタレーション、ひとつのアート作品として飾るのもいいでしょう。
数多くの空間演出を手がけているun-do designならではのプロダクトデザインです。
material:白樺合板(間伐材)
size:W429×H227×D39 −ハンガー1パーツ
 
 

katan-koton
 
katan-koton
江戸時代からなる日本の玩具からインスピレーションを得たという不思議な箱「katan-koton(カタンコトン)」。その名の通り、カタンコトンと箱が転がって形を変えていく。台形のボックス同士を特種な構造を用いてロープで繋げていき、自由に形を変えられる。
見るものを驚かせる遊び心たっぷりの箱です。
material:メープル・ポリエステル
size:W370×H340×D240 −ボックス1ユニット
 
 
 
katan-koton



un-do design

un-do design

木村靖隆(1982年生まれ)と松尾塁(1983年生まれ)により2008年結成。原始的な素材や手法を用いることと、現代的な表現によって、分かりやすく、対話へと繋がるものづくりを目指し活動中。インテリアデザイン、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、コンテンポラリーアートを中心にアイテムのデザインや製作の他、アートスペースにおける空間演出といった活動を展開。
http://www.undo-design.com/