ncsoft G★STAR PREMIERE開催 初公開の『リネージュエターナル』に鳥肌が立った!

写真拡大




本日韓国の大手ゲームメーカーncsoft本社にて新作ゲーム発表会『ncsoft G★STAR PREMIERE』が開かれた。10日から韓国の釜山で開催されるゲームイベント『G★STAR』に先駆けてncsoftのタイトルを発表。

この日発表されたのは『リネージュエターナル』と『ギルドウォーズ2』の2作品。この両タイトルの制作者も登壇しゲームを紹介してくれた。『リネージュエターナル』は映像が本日初公開となる。一般への公開は明日の予定だ。リネージュエターナル開発責任者のチョ・イムス氏から次のように解説された。

「まず『リネージュ』の歴史を1999年に戻りたいと思いますが、最初に『リネージュ』が公開され、ほかのプレイヤーと楽しめるという大規模な戦闘がありました。次は2003年の『リネージュ2』になりますが、3Dの空間で戦闘をするものでした。このように『リネージュ』が目指してきた戦闘を『エターナル』でも目指していきます。集団の中でも時間の経過が大事な要素となります。私は新しい戦闘システムを提供したいと思いました。例えば操作やルールといったもので、ドラッグスキルという要素が代表てきな新要素になります。最後には画面一杯に広がる演出を提供したと思います。このように『リネージュエターナル』では受け継いだものとなっております。それでは映像をご覧下さい!」

そして次のこのゲームに登場する代表的な3種類のクラスが紹介された。最もオーソドックスかつ王道とも言えるクラスのナイト、そして敵を遠隔から一掃するウィザード、精霊の力をかりて矢を放つスピリチュアルアーチャー。その主な個性は次の通りだ。

ナイト:近接攻撃を得意とするクラス。盾を使った防御と攻撃
ウィザード(メイジ)は3つの魔法スキルを使う。マウスをドラッグすると方向、位置を自由に決めることができる
スピリチュアルアーチャー:常に矢を使います。矢を放って対象物を爆発させることもできる

そんな『リネージュエターナル』に対する質疑応答だ。

■質疑応答
――ゲーム内容ですが“ハック&スラッシュ”タイプのゲームになっていますが、このスタイルを採用した理由は。
回答:『ディアブロ』などもそういう類のゲームとして呼んでいるのですが、“ハック&スラッシュ”だけに収めたくない。うまく防御するシーンも出てくる。“ハック&スラッシュ”はとにかく攻撃して大勢の敵を倒していくタイプ。

――MOREGではなく、MMORPGのスタイルで『リネージュエターナル』は展開されるのか。
回答:一言でいうと違います。一部のコンテンツはほかのプレイヤーに邪魔されずにストーリーを楽しむことができるようになっています。一方多くのユーザーが混ざって楽しむことができます。これはパシスタッドダンジョンと呼びます。

――今までの『リネージュ』の関係などは?
回答:『リネージュ』と『リネージュ2』との大陸が舞台になります。しかし新たな地域が出てくるかもしれません。

――PKは可能か?
回答:『リネージュ』は一部の空間でほかのプレイヤーを攻撃できましたが、それにより精神的にも苦痛を感じました。『リネージュエターナル』はそういったPKを廃止しコンテンツに重視したいと思います。しかし、中には他人と戦ってみたいと言う方もいます。そういったかたはその場に行って戦えばいいわけです。

――マウスによる操作がメインで紹介されてましたけど、キーボードによるショートカットによる操作性向上もあるのか。
回答:我々の中ではキーボードは3割、マウス7割となっております。マウスは直感的なのでそちらを優先してインタフェースとして採用しました。マウスとキーボードによる会わせた操作もあわないと思っております。ですがスキルの選択などは、キーボードを使った方が良いかもしれません。

こちら『リネージュエターナル』は上記質問にもあるように“ハック&スラッシュ”タイプのゲームとなっている。いわゆる『ディアブロ』のように多くの敵をなぎ倒していくタイプのゲームなのだが、敵を倒すだけでなく敵の攻撃から身を守ることによる戦略も必要となる。

こちら『リネージュエターナル』は10日から開催される『G★STAR』にムービー出展される予定。プレイアブル出展がないので実際に体験することはできないが、そう遠くない内にβテストも開始されると願いたい。

本日初公開された動画を見た際、正直鳥肌が立ってしまった。


※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。