【懐かしいゲーム特集】「ファンタジーナイト2」(PC版)

写真拡大

元祖ファンタジー系ウォーシミュレーションゲーム!

(画像:amazon.co.jpより)
©システムソフト・アルファー

「ファンタジーナイト」はシステムソフト(当時)からPC版として1987年にリリースされたウォーシミュレーションゲームです。

ところで皆様は「大戦略」というウォーシミュレーションゲームはご存知でしょうか?「大戦略」では戦車や戦闘機等の近代兵器(ユニット)を中心に展開されるウォーシミュレーションゲームですが、「ファンタジーナイト」はそれらをドラゴンやナイト等のファンタジー風のユニットに置き換えたものであると考えると理解しやすいと思われます。

「ファンタジーナイト」で面白いのが「スペクター」、亡霊をモチーフとしたキャラクターなんですが攻撃力は殆ど無いのに異常なまでの防御力を誇るユニットとなっていたため当時のゲーマーは「スペクター」大量生産戦略を採用することが多かったです。そのためゲームバランスが大きく崩れるくらいの「スペクター」は禁じ手に近い存在になりました。

「ファンタジーナイト」の影響
「マスターオブモンスターズ」シリーズが直接の源流ですが、1988年の株式会社ナムコ発売のファミコン版「キングオブキングス」という作品の登場にもかなりの影響を与えたと思われます。

というのも「キングオブキングス」もファンタジー風ウォーシミュレーションゲームなのですが、特にユニットのクラスチェンジという概念は「ファンタジーナイト」からのアイデアの流用ではないかと考えられるためです。

更に20年近く経過した「ファンタジーナイト2」をプレイして見ると当時のことが思い出されてしまいます。四半世紀近く前の1987年の時点で既に完成されていたんだなと…。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
ファンタジーナイト2

■関連記事
【アニメ】「君と僕。」第6話その2「色眼鏡」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜hitotose〜」第6話その2「ももねこを追いかけて」(ネタばれ注意)
【アニメ】「君と僕。」第6話その1「夏休みに髪を切ったら」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜hitotose〜」第6話その1「朗読少女」(ネタばれ注意)
【海外発!!ネットトレンド】馬の死骸の中に潜りこむ女性!?