PLANET DOLL EXHIBITION

グラフィック・デザイナー集団 TGB design. によってデザインされた「精霊」を現代社会に棲むものとして独自に解釈&楽しくアイコン化した、ハンドメイドの立体人形シリーズの展覧会が行われる。会期は、2011年11月2日(水)〜11月6日(日)
「万物に精霊が宿る」という太古の昔から現代まで、世界中の人種や民族、宗教間で普遍的に存在してきた概念をさまざまな形で提案されて来たPLANET DOLLの材料は使われなくなった倒木や間伐材、毛皮の断ちくずなどで、制作はすべて手作業。
プリミティブなコンセプトと作品性を兼ね備えた本シリーズは、一点もののアートピースとして高い人気を博しており、今回展覧会を開催するにあたり2つのコラボレーションが実現している。
 
森林保全団体more treesとのコラボレーション

PLANET DOLLの土台となる間伐材をmore treesが提供し、売上の一部は、more treesを通じて森づくりに還元される。
 
more treesmore trees(モア・トゥリーズ)
音楽家・坂本龍一氏の呼び掛けにより、2007年7月に設立された森林保全団体。日本国内での間伐(森林整備)、海外での植林を進めながら、CO2の削減(カーボンオフセット)や国産材の利用拡大、生物多様性や保水力の問題に取り組んでいる。現在、北海道から九州までの9か所ならびにフィリピンの合計10か所で森林プロジェクトが進んでいる。2011年4月には東北被災地支援プロジェクト「LIFE311」もスタートさせ、地元木材、地元工務店による木造仮設住宅を支援している。
 
 
全国の授産施設の方々との共同制作

授産施設に通う知的障害の方との持続的な共同制作。
是非、足を運んで戴き、社会や環境との関係性を含めたデザインの行方を感じてとって欲しい。
 
 
PLANET DOLL EXHIBITION 開催概要
会期:2011年11月2日(水) ~ 11月6日 (日)
時間:10:00~19:00(最終日は18:00まで)
場所:LIGHT BOX STUDIO AOYAMA
107-0062 東京都港区南青山5-16-7
http://www.lightboxstudio.net/

オープニングレセプション
日時:2011年11月1日   18:00〜21:00
場所:LIGHT BOX STUDIO AOYAMA







TGB design.
ISHIURA、ICHIFURU、KOMIYAMAの3人のアートディレクターにより1994年に結成したデザインユニット。
NTTドコモの携帯電話MPXやエヴァンゲリオン携帯のプロダクトデザインを始めパナソニック、三菱電機、シャープ、LG電子、auなどのGUIデザインを提供。レゴのオーディオコンポや東芝液晶テレビ「FACE』RealFleet model 等のアートディレクションを担当する。またファッションの分野ではnano universeやzero-gate渋谷のCI, BEAMS、MUJI、X-girl、BAPE、kicks Hawaii等にグラフィックを提供,日立製作所、ニコン等の研究開発に参加するなどグラフィックデザインを軸に様々なフィールドで活躍中。
www.tgbdesign.com