韓国の国会前で、50代の男が人糞をまき散らし、さらに焼身自殺を試みたことから警察に連行されるという騒動が発生した。

7日午後12時20分ごろ、国会本館前に、同国北東部の江原道出身の男が乗用車で乗り付け、持参した白いペンキ缶を取り出して中身を道路に撒いた。中身は人糞だった。

男は、国会の警護官に取り押さえられそうになったことから、乗り付けた乗用車で逃走を図ろうとしたが結局捕まった。しかし、男は準備していたシンナーを体にかけ、「国会議長とホン・サドク議員と会わせなかったら焼身自殺する」と警護官らを威嚇した。

通報を受けた警察が、男を20分かけて説得し、焼身自殺をあきらめると警察署に連行した。男は、米韓自由貿易協定(FTA)などに不満を持っているようで、自身の意見を綴った10枚あまりの用紙を持っていた。

参照:国会人糞投棄、「FTA怪談、違法集会に厳罰」 - kbsnews
参照:国会本庁前になぜ人糞が… - newsis

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。