長引く不況に円高の波が押し寄せ、先行きの不透明感がますます増している日本経済。年金支給開始年齢の引き上げやタバコ増税などが議論されるなど、「体感不況」は日々に増すばかりだ。

 当然、「お小遣い」を減らされたお父様方も多いだろう。給料が上がらず出費だけが増える現状では、致し方ない部分もあるが、家計での「緊縮財政」は懐だけではなく心までも冷やしてしまう。

 子どもの教育費、住宅ローン、もしものための生命保険……。とにかく結婚するとおカネがかかる。そんななか、「小遣いの増額を求めるのは気が引ける」という男性も多いかもしれない。しかし、あまりに小遣いが少ないと、仕事のモチベーションも上がらないというものだ。

 今回は、そんな悩ましい「ロス婚」時代の小遣い事情がテーマ。早速、小遣いを巡る夫婦の悲喜こもごもを見ていこう。

 世の男性諸氏はどれくらい小遣いをもらっているのか。ソフトブレーン・フィールドの調査によると、夫の小遣いの金額は3万円以下が54%で最多。20代になると3万円以下が81%に及び、厳しい家計事情がうかがえる。

 もちろん、職場に弁当を持参するなど節約をしている家庭もあるが、小遣いのなかから昼食代や交遊費、タバコ代などを捻出している夫も多く、実際にはカツカツでやり繰りしているケースが大半のようだ。

 同調査のアンケートに寄せられた妻からのコメントを読むと、さらに厳しい現状が浮き彫りになる。

続きはこちら


■関連記事
・男のプライドを守るための「夫の小遣い」適正額は?
・夫の小づかいは投資か消費か【山崎元コラム】
・欲しいもの購入には9割以上が「妻の承認」必須 気持ちよくOKをもらえる“必殺の口説き文句”とは
・イマドキ女子の幸福論は“安定とおカネ”だった?女性が結婚を焦る「本当の理由」をあなたは知らない
・実は甘えん坊な“年上男”としっかり者の“年下くん”盛り上がる「年の差カップル」ブームの理想と現実