目標シートには何を書けばいいの?
人事考課が目標管理制度(目標設定から結果考課)となっている会社に在籍している方は、毎回、次の考課期間に設定する目標の書き方や、上げてきた成果のアピールの仕方に悩む方も多いのではないでしょうか。特に数字で目標を設定しづらい、ルーチンワークの多い業務の場合は、何を目標にしてよいのか。教えて!gooにひとりの事務職OLの方が、目標シートの書き方について質問を寄せました。

事務職、目標シートの書き方

質問者mikan2222さんは入社6年目の事務職OL、会社では人事考課に目標管理制度が導入されていますが、営業なら契約を何件取る!など具体的数字をあげられるが、事務職はどう書いてよいか分からないと悩みを相談しています。さて、回答者の方はどう考えているのでしょうか。

■業務を洗い出してみるのがポイント

「毎日の仕事の中で、できることを考えて、上司と相談してみましょう」(jyamamotoさん)

業務の目標は日常行っている業務の延長上で見つけてみるのもいいかもしれません。事務業務のポイントは、「コスト削減」と「ライン(営業や生産部門)支援」であることが多いようです。毎日やっている業務の改善…例えば、処理時間や処理量を改善する、仕事のやり方を工夫して「効率的なやり方」を提案する、仕事をする上でのミスを少なくする等々。今やっている業務の中から、自分に対する宿題を考えてみてみるのはどうでしょうか。

自分の業務の洗い出しから目標を設定するのは、自己の業務を振り返るいいチャンスですね。

■あえて数字を挙げることもできる

または、総務などで購買を担当している場合は、成果:コストを前年比○○%で○○○万円削減することに成功した。目標:物品購買先を○社から○社に増やして相見積もりを行いコスト削減に努めるなど、数字で表すことも可能です。

営業部門が売り上げや利益目標を設定するなら、管理部門は「経費削減は利益向上と同等である」ということをアピールするとよいのではないでしょうか。

桜井 規矩之左右(Kikunozou Sakurai) →記事一覧

■関連Q&A
会社での目標設定
目標設定シートって役に立つ?
■関連記事
入社先の給料が安い
人生って何なのだろうと考える社会人二年生