<フェザー級/5分3R>
小見川道大(日本)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ジェイソン・ヤング(英国)

開始直後に前に出た小見川に、ヤングのジャブがヒットする。打たれながらも前に出て、組みついた小見川が投げを狙うが、同体になってすぐに両者とも立ち上がる。勢いのある右ハイを見せたヤングは、さらに左ローを蹴り込む。

小刻みに肩を揺らす小見川に、ヤングの左右のローが当たる。小見川が左を打ち込むと、ヤングも左を重ねていく。組みついたが姿勢が乱れた小見川は、距離を取るとスイッチから組みつく。両ワキを差し、小外刈りでテイクダウンを奪った小見川は、立ちたいヤングを押さえ込んでいく。

立ち上がったヤングは、右エルボーを打ち込むが、小見川はテイクダウンを一旦は諦めて距離を取る。前に出た小見川に、ヤングの右ハイがブロックの上からヒット。バランスを崩した小見川は、再びスイッチからパンチを放つが、ヤングのヒザ蹴りがその顔面を捉える。

残り30秒、組みついた小見川にヤングのエルボー、ヒザがヒット。ヤングは1Rを確実に取るために、テイクダウンを狙ったが、小見川はギロチンからトップを奪い、エルボーを落として、初回を戦い終えた。

エルボーを放った際に頭が当たり、右目の上を大きく腫らしてカットもあるヤング。小見川は組みついて、小外刈りで2度目のテイクダウンを奪う。インサイドから右パウンドを打ち込んだ小見川は、ケージに背中をつけたヤングの左手を捕え、サイドからアームロックを狙う。しっかりと押さえ込んだ小見川にブーイングが飛ぶが、レフェリーはブレイクは命じない。

ここでヤングはケージを蹴って後方に一回転し、スタンドへ。残り半分、ヤングの左ジャブ、右ハイが小見川を襲うがブロックされてしまう。スイッチを繰り返す小見川が組みつくと、ヤングが右エルボーを見せる。直後に支え釣り込み足のような形でテイクダウンを奪った小見川は、ハーフから押さえると足を捌いてパスを狙う。

ヤングのスイープ狙いを潰し、ネッククランクからマウントを奪った小見川。ヤングは足を一本戻すが、小見川がパスから鉄槌を落す。さらにマウントを奪った小見川は、足を戻されながらもパウンドを連打、トップを奪ったままラウンド終了となった。

最終回、ヤングの左ジャブをステップバックでかわし、近距離から足払いでバックへ。向き直したヤングが、左ストレートを伸ばす。ヤングの左に、小見川も左を合わせ、オーソドックスから前で。ヤングはアッパー、飛び蹴りを見せる。

再び足払いからバックに回り、そのままテイクダウンに成功した小見川は、インサイドからヒールフックを仕掛ける。ヤングは背中を向けた立ち上がる。小見川はガードが下がっているのが気になる。

右を打ちながら距離を詰めた小見川は、ギロチンから再びスイープでトップを奪取し、サイドを取る。左ワキを差してきたヤングに、左のエルボーを連続して落とす。立ち上がろうとしたヤングの腰をコントロールし、トップをキープする小見川。残り1分を切り、ハーフからアームロックを狙う。

そのアームロックをフェイントにし、パスを奪った小見川は右ヒジを落とす。起き上がったヤングが、テイクダウンに成功し勢いのあるパウンドを落とした直後にタイムアップ。3R、最後のヤングの攻撃をレフェリーが過大評価しないか気になるところだが……。

ジャッジの裁定は3者とも29-28で小見川が勝利。「初めてUFCの勝利で、最後の判定を聞くまで自分でもわからない状態だったので、勝てて嬉しいです」とコメントし、前回の判定について聞かれ「つねに上をとって、キープして勝ちにいこうと思っていたのですが、ちょっと硬くなりすぎたんで、次の試合ではアグレッシブに攻めて、KOや一本を狙いたいです」と語った小見川が初勝利を振り返った。
UFC138 Leben vs Munoz 全試合結果はコチラ