「STEFANEL(ステファネル)」青山に日本初の旗艦店オープン

写真拡大

 「STEFANEL(ステファネル)」が2011年11月4日、日本初の旗艦店「STEFANEL 青山店」のオープンを記念し、2012年春夏コレクションで提案するエコカシミア・コレクションのプレゼンテーションを行った。独自の技術を用いた繊細なカシミアを使用している同コレクションは、カプセルコレクションとして展開される予定。

ステファネル、青山に日本初の旗艦店の画像をもっと見る

 1959年イタリア・ヴェネト州で、Carlo Stefanel(カルロ・ステファネル)によって設立されたニットウェアメーカーのStefanel S.p.A.。1970年中頃、Giuseppe Stefanel(ジョゼッペ・ステファネル)によってトータルコーディネートを提案できるようファッションブランド「STEFANEL」を本格スタートさせた。「STEFANEL」は、1980年のショップオープン以来、ハイクオリティをベースにスパイスや遊び心を効かせたデザインを提案し続けている。

 現在では、世界25カ国250店舗、イタリア国内に約400店舗を展開している「STEFANEL」。国内初の旗艦店となる「STEFANEL 青山店」では、レディースウェアとアクセサリーを展開。約20平米、2フロア構成で、ブランドの打ち出す"リスタイリング・プロジェクト"のアイディアを体現するスペースになっている。プレゼンテーションに出席したMDのエリオ・ノーラさんは、「名立たるブランドが出店する青山エリアにショップをオープンさせることができて大変嬉しく思います。コレクションのイメージを表現しやすい空間のショップなので、将来に期待しています」とコメントしており、今後の出店について「4~5店舗までは都内で、その後は名古屋や大阪エリアあたりが望ましいですかね」と述べている。

 エコカシミア・コレクションは、「STEFANEL」の伝統であるニットウェアを基に誕生したライン。「カシミアに注力した(ノーラさん)」という2012年春夏シーズンに、セーター、カーディガン、トップス、パンツ、ドレスを含む25型を展開する。

東京都港区南青山3-13-23
TEL:03-3796-5899