最近女の子がかけてる大きなメガネって可愛いの? アラレちゃんみたいな奴ね

写真拡大




ここ最近、渋谷や新宿、原宿を歩いていると、とあるファッションが目につく。そのファッションとは大きなフレームのメガネをかけている若い女性だ。しかもたまに見かけるのではなく、かなりの頻度で見かけるようになっている。細めのフレームが流行ったと思ったら今度は大きなフレームが若い女性の間で流行っているのだろうか?

実際にメガネをかけている女性に聞いてみたところ、「これレンズ入ってないよ、ほら(笑)」と伊達眼鏡だということを教えてくれた。実際に近くで見るとレンズがないことが確認できた。あきらかにファッションだという。今はこうしたレトロメガネが流行っているのだが、なぜ流行ったのだろうか。

数年前は顔を覆うような大きなサングラス(浜崎あゆみがかけているもの)をかける女性が急激に増えたが、あれは化粧崩れを隠すのに良いという。今回の大きなメガネは男性にあまり評判は良くないが実はメガネが大きい分、小顔に見えるという。70〜90年代の時代の逆行とも言えるこのファッションは女性にはウケが非常によろしい。ファッションモデルもかけており、むしろそれが原因で流行し始めたという説もあるくらいだ。

顔が大きくて悩んでいる人、小顔に更に見せたい人、70〜90年代の流行に乗りたい人はキングサイズメガネをかければ、街中で注目されるぞ。

いや本当に目が行くんだって……。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。