NTTドコモの『Xperia』シリーズ4機種で11月7日にバージョンアップ提供 『arc』とau含む『acro』は『PlayStation Certified』にも対応へ

写真拡大




ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、NTTドコモから販売しているAndroidスマートフォン『Xperia』シリーズ4機種、『Xperia SO-01B』『Xperia arc SO-01C』『Xperia acro SO-02C』『Xperia ray SO-03C』について、11月7日から機能バージョンアップを提供することを発表しました。

全機種に共通するのが、緊急地震速報や災害・避難情報などのエリアメールへの対応。『Xperia arc』『Xperia acro』ではスマートフォンをWi-Fiルータとして使えるテザリングへの対応、機能向上、Android上で初代『プレイステーション』タイトルなどがプレイできる『PlayStation Certified』への対応が含まれます。『Xperia ray』では既に今回のバージョンアップで提供される機能にほとんど対応しており、一部の機能向上に対応。バージョンアップ後のOSのバージョンは、『Xperia』が2.1のまま、ほか3機種は2.3.4になります。

バージョンアップの方法はパソコンを使うものと本体のパケット通信を利用するものがあります。詳細はドコモのサイトを確認してください。
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/software_update/

●『Xperia SO-01B』のバージョンアップ内容
- エリアメールへの対応

●『Xperia arc SO-01C』のバージョンアップ内容
- エリアメールへの対応
- テザリングへの対応
最大5台の機器を接続可能
- 文字入力ソフト『POBox Touch』をバージョン4.3へアップデート
音声入力や予測変換候補エリアの拡大表示、顔文字や記号のタブ表示に対応
- カメラ機能で静止画の16倍デジタルズームに対応
- 画面のスクリーンショットに対応
- 電話帳の「お気に入りと通話履歴」ウィジェットに対応
お気に入りに登録した人物や発着信履歴をホーム画面にグラフィカルに表示
- アプリトレイからのダイレクトなアプリのインストールに対応
- 『PlayStation Certified』に対応

●『Xperia acro SO-02C』のバージョンアップ内容
- エリアメールへの対応
- テザリングへの対応
最大5台の機器を接続可能
- 文字入力ソフト『POBox Touch』をバージョン4.3へアップデート
音声入力や予測変換候補エリアの拡大表示、顔文字や記号のタブ表示に対応
- カメラ機能で静止画の16倍デジタルズームに対応
- 画面のスクリーンショットに対応
- 電話帳の「お気に入りと通話履歴」ウィジェットに対応
お気に入りに登録した人物や発着信履歴をホーム画面にグラフィカルに表示
- アプリトレイからのダイレクトなアプリのインストールに対応
- 『PlayStation Certified』に対応
- ワンセグ音声のBluetoothヘッドセットでの再生に対応

●『Xperia ray SO-03C』
- 画面のスクリーンショットに対応

『PlayStation Certified』への対応は、ドコモの『Xperia arc SO-01C』『Xperia acro SO-02C』のほか、auの『Xperia acro SO-03C』でも予定しています。これら機種向けのコンテンツ配信は12月上旬に開始を予定。ゲームタイトルのダウンロードに必要な『PlayStation Store』アプリのダウンロード方法などは後日案内される予定です。