「洋服の青山」新イメージキャラクターに武井咲、次世代スーツ発表

写真拡大

 青山商事が11月2日、東京の品川プリンスホテルで「洋服の青山」のヤングマーケットに向けた新イメージキャラクターに武井咲さんを起用することを発表した。同時に秋冬シーズンにヤング向けに打ち出す高水準のストレッチ機能を備えた「次世代スーツ」を披露。会場では「次世代スーツ」に身を包んだ武井咲が登場し、「洋服の青山」プレゼンツ・堤幸彦監督によるWeb限定ムービー「TAKE BLUE」の公開を告知した。

洋服の青山に武井咲の画像をもっと見る

 「洋服の青山」は次世代に向けての販促拡大を図るため、パソコンやスマートフォンの普及に伴う新たなメディアでの情報促進を強化している。今後さらに次世代への訴求を強めていくために、現在イメージキャラクターを務めている溝端淳平さんや佐々木希さんに加えて、男女問わず幅広い世代に人気があり、女優やモデルなど多方面で活躍中の武井咲さんを起用した。武井さんは「普段から知っていたお店だったのでCMに出られるのが嬉しい。スーツを着て"デキル女"を演じてみたい」とコメント。今後「洋服の青山」のTVCMや広告などに登場する他、Webムービー「TAKE BLUE」では同じくイメージキャラクターを務める三浦友和さんや相武紗季さん、溝端淳平さん、佐々木希さんと共演する。ムービーは1話5分程で、全6話を11月5日より順次公開していく予定。

 武井さんの起用とともに発表された「次世代スーツ」は、ファッショントレンドとストレッチ機能を融合したヤング向けの新商材。一般的ストレッチスーツに使用される表生地の伸縮率は8%程度だが、伸縮率を最大で約2倍の10〜15%に規定し、細くても窮屈に感じない着用感を実現している。同社は今期秋冬シーズンにヤング向けに展開する約55万着のうち、75%以上の約42万着に高水準のストレッチ機能を装備し「次世代スーツ」として展開する。


■TAKE BLUE
URL :http://cp.y-aoyama.jp/