イオン、SC初の大型コスメセレクトショップ「Cosmême」オープン

写真拡大

 イオンが11月3日、海外ブランドを集めたコスメティックセレクトショップ「Cosmême(コスメーム)」を埼玉の「イオンレイクタウン」内にオープンする。百貨店などで対面販売が主流だった「CHANEL(シャネル)」や「Yves Saint Laurent (イヴ・サンローラン)」などのグローバルコスメブランドを、ショッピングセンター(SC)で一堂に販売するのはイオンが初。ブランドの垣根を越えて自由に試して購入することができるほか、「Cosmême」専任の美容スタッフが最適な商品を提案する。

イオンSCに初の大型コスメ専門店の画像をもっと見る

 「"Neighborhood Luxury" (手に届く贅沢)〜世界一流のハイエンド化粧品を暮らしのそばで〜」をコンセプトとする「Cosmême(コスメーム)」は、年齢を問わず全ての女性をターゲットに、来店客が様々なブランドを比べて試すことが出来る日本初の大型専門店。400平方メートルのフロアに、「シャネル」や「イヴサンローラン」、「クラランス」、「アラミス」、「シュウ ウエムラ」、「ヘレナ ルビンスタイン」、「ランコム」、「ディオール」などの一流ブランドを含め、合計で約2,000品目を取り扱う。

 3つのゾーンに分かれた店内には、自分に合うカラーや香り・肌の悩みなどを相談できる「タッチアップスペース」や「カウンセリングスペース」を配置。各ブランドの商品特性を熟知した「Cosmême」専任美容スタッフ「コスメ アテンダント」が常駐し、客に合わせたコスメ選びをサポートする。

 「Cosmême」は、イオンの100%子会社として2011年8月に設立した新会社「コスメーム株式会社」が運営。イオンは、グループにおける化粧品販売チャネルと取り扱いブランドの拡大を視野に入れながら、「Cosmême」を今後、札幌や仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の6都市圏を中心に出店を計画。イオンのモール型SCの他、大都市圏の駅ビルやファッションビルへのテナント出店も視野に入れている。

■Cosmême イオンレイクタウン店
 住 所:埼玉県越谷市東町4―21 「イオンレイクタウン」kazeゾーン
 営業時間:10:00〜22:00